猫の白い毛、黒い毛の出方には、法則があった!?「白黒猫」の魅力(ねこのきもち WEB MAGAZINE)

アフィリエイト
猫の白い毛、黒い毛の出方には、法則があった!?「白黒猫」の魅力(ねこのきもち WEB MAGAZINE)
さまざまな猫種で存在している、白と黒のカラーが個性的で愛らしい白黒猫たち。
[紹介元] ねこのきもち WEB MAGAZINE – Yahoo!ニュース 猫の白い毛、黒い毛の出方には、法則があった!?「白黒猫」の魅力(ねこのきもち WEB MAGAZINE)

猫の白い毛 黒い毛の出方には 法則があった

また、避妊・去勢手術を行うことは、生殖器に関連する病気を防ぐことにもつながります。このことから、猫の避妊・去勢手術を行う飼い主さんが増えています。手術のメリット・デメリットをよく理解した上で、かかりつけの獣医師に相談するとよいでしょう。

まず、避妊・去勢手術を行うと、性別による性格の差が少なくなります。そして、発情期に交尾ができなというストレスを感じなくてもよくなるため、オス猫もメス猫も性格が穏やかになる傾向があります。さらに、大人になる前に避妊・去勢手術を行うと子猫のような性格のままでいる場合もあります。特にオス猫の場合は、縄張り争いをしなくてもよくなるため、オス同士でも仲のよい関係を築いていくことができるでしょう。

でも基本的に色という観点からすると、猫の毛色はブラックとレッドの2色のみの色素からなるのです。それで遺伝的に優性な白い色を除く、黒と赤の割合とか濃さとかで色んな色が出てくるのです。ちょっと不思議ですよね。

白黒の柄は個性的で、一見法則性がなさそうにも見えますが、実は一定の傾向があることが分かっています。

ハーマイオニーの顔は黒い毛で覆われ、目は黄色に変わっていたし、髪の毛の中から、長い三角耳が突き出していた。「あれ、ね、猫の毛だったの!」ハーマイオニーが泣き喚いた。「ミ、ミリセント・ブルストロードは猫を飼ってたに、ち、違いないわ!それに、このせ、煎じ薬は動物変身に使っちゃいけないの!」「ハリー・ポッターと秘密の部屋」

猫の被毛やパターンには何種類もの遺伝子が関わっていて実はと〜ってもと〜っても奥が深いものなのです。にわかの勉強で極めようなんて所詮無理なのですが、ここではちょっとだけ触れてみましょうね。習いましたよね確か。遺伝子。「メンデルの法則?」親から子へ受け継いでいくいわば設計図みたいなもの。ちなみにメンデルさんってオーストリアの植物学者でお坊さん僧侶だったの知っている?エンドウ豆で遺伝の法則を発見したんだけど、生きている間には認められなかったんだって。なんかかわいそー。

猫のトイレ砂によっても判断できるものと、わかりにくいものがあるようですが、固まる砂の場合、その大きさなどで尿の量を把握しましょう。いつもより増えているなら、多尿の傾向があり、多飲多尿( 飲食「多飲」 を参照してください)の病気が考えられます。また、尿がベタベタしていたら糖尿病かもしれません。さらに、赤っぽい褐色、オレンジ、醤油のような色に見える尿は、血尿、ヘモグロビン尿(猫の場合は稀)、濃い黄色はビリルビン尿と呼ばれており、病気の可能性があります。また、排尿姿勢を何度もとるが、わずかしか尿が出ない場合は、排尿障害や炎症にともなう残尿感による、頻尿も考えられますので、早めの診察が望まれます。

雌猫は6カ月頃(早い場合は4カ月)から発情期を迎えます。それ以降、年2回程度の発情期があると考えられていますが、室内飼いの雌猫は一年中発情期であることもよくあります。交尾がないと、1カ月間隔で何度も発情を繰り返し、夜中に異様な声で鳴くことが繰り返されます。近所迷惑になる住宅環境や、生まれた子猫を責任持って飼えないのなら、愛猫のストレスを減らすことにもなると考えて、避妊を検討してください。

「ハリー・ポッター」シリーズに登場する猫のなかで一番を決めるなら?

急性の下痢は、寄生虫や細菌、ウイルスの感染や、中毒などが考えられます。特に子猫の汎白血球減少症(嘔吐・血便・食欲元気低下)は命に関わりますので、早急な診察が必要です。また、慢性の場合は、腸炎や腸閉塞、胃や腸の腫瘍、膵炎など、さまざまな病気が疑われます。また、寄生虫感染により便に虫が出てくることもありますので、便を注意深く観察してあげてください。それとともに定期的な便検査や駆虫処置をオススメします。

猫の場合、外に自由に外出できる環境にあって、避妊していなければすぐに雑種が生まれます。だから長い間純血種をつくるのも結構たいへんだったのでしょうね。私の実家で飼っていた猫はなんと生涯100匹近くの子猫を生みました。12回のお産かな?(最後のお産はちょっと訳あり)1回のお産で6〜8匹くらい産むので、トータルにすると100匹近いということになります。生まれてすぐに死んでしまう未熟児も結構いましたよ。今みたいにインターネットなんてない時代なので、年がら年中「子猫あげます」って玄関のドアに張り紙をしていたのを覚えています。本当に年柄年中なので、逆に猫がほしい人はあそこにいけば貰えるよって評判になってたくらいで、結構引き取り手はありましたよね。それに母猫の「ミーコ」はべっぴんさんだったから子猫も結構かわいい雑種でした。でも、あれ全部もらってもらったのかなあ。居残り組は、多いときで10匹くらい居ついていましたから。話がそれてしまいましたね。

さまざまな猫種で存在している、白と黒のカラーが個性的で愛らしい白黒猫たち。実はそんな彼らのさまざまなカラーには、ある種の法則性があることをご存知ですか?今回は白黒猫たちの毛色の出方や瞳の色、肉球の色のヒミツに迫ります。

ティックド一本一本の毛の色が帯状に染め分けられているので被毛が人目につきにくい天然のカモフラージュとなっています。その猫のタビー模様が単色であれば、色の帯は無いですが、もしあれば、様々な深みを持つ独特な色合いをもたらします。

では真っ白な猫はどうなのってことなのですが、同じ白い猫でも、目が赤いものとそれ以外の2種類があるんです。さきほどもちょっと触れましたが、ここでもちょっと説明しておきましょう。1種類目は、アルビノと呼ばれている遺伝的に色素を持たない白い猫。色素を作り出す酵素を欠落させる突然変異遺伝子により、皮膚・毛・目に色素がほとんどない、あるいは全くないんです。目の色が赤いのですぐに分かりますよ。そしてもうひとつの白い猫は、遺伝的に優生の白色を持つ猫ちゃん。親からの次の世代に受け継がれ、現れやすい遺伝的形質なんだそうです。猫の毛の白は黒に対して優性なんです。優性ってことは、出やすいのです。このタイプの白い猫は、目の色が赤だけじゃなくていろんな色がついているので、これも分かってしまいます。それによーく見ると縞模様がうっすらと入っていたり、ポイント模様が入っていたりと、どこかに色が入っているので、色素を持たないアルビノちゃんとはちょっと違うのです。

■ベーシックカラーホワイトブラック(エボニー)クリームブルーレッドチョコレートライラック(ラベンダー)フォーン(薄黄色)シナモン(薄褐色) ■その他のカラー ゴールドカメオ(赤や黄色に光る毛先)ブラウンシルバー飼ってる猫の一本一本の毛を一度観察してみてください。どのタイプになるのかわかります。基本的黒と赤の色素なのですが、一本の毛の中ででも色素の付き方が違ってきます。そうすると毛色がそれによってかわります。外からみると真っ黒に見える猫ちゃんも毛を逆さになでると、根元が白でだんだん茶色なんて子も結構いるのですよ。それがこの分類になっています。おもしろいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました