猫の免疫力が下がる原因とは? 免疫力アップのために大切なことを獣医師が解説(ねこのきもち WEB MAGAZINE)

アフィリエイト
猫の免疫力が下がる原因とは? 免疫力アップのために大切なことを獣医師が解説(ねこのきもち WEB MAGAZINE)
健康を維持するために、免疫力を高めることがよいと聞いたことがあると思いますが、それは猫も同じ。
[紹介元] ねこのきもち WEB MAGAZINE – Yahoo!ニュース 猫の免疫力が下がる原因とは? 免疫力アップのために大切なことを獣医師が解説(ねこのきもち WEB MAGAZINE)

猫の免疫力が下がる原因とは 免疫力アップのために大切なことを獣医師が解説 ねこのきもち

猫の家出を防ぐのに基本的なことは、まず、猫の優先権を大切にしてやることと急激な環境の変化は避けるか、できるだけ緩和してやることです。

オスは生後6ヶ月から12ヵ月の間に初歩的な性行動がみられることがありますが、一般的には生後18ヶ月頃から成獣のオスとして行動が大きく変化し、特徴的な泣き声や尿を壁に吹きつける尿スプレー等の行動がみられるようになります。特に、オス猫の性行動に伴う三大問題といわれる、放浪癖、オス猫同士の喧嘩、尿スプレーが顕著になります。

猫が排泄していく場所は、猫にとって快適で安全である所や何らかの猫を引き寄せる要素(食べ物、メス猫の匂い、糞にかける土や砂がある等)があり、自分の縄張りであることを示すためにマーキングの意味合いで用を足していくことが考えられます。

猫は自分の縄張りには尿や分泌物をつけて印をつけますが、また、猫は空間的な住み分けとともに、時間的住み分けをして争いを避けることができます。自由に行動できる猫の場合は夜になると共有地に出かけますが、ここで狩りをすることもあるので狩猟圏といわれ、都会では駐車場や空き地などがこれにあたり、集合の場にはオスもメスも集まって猫たちは相互に交流を深め、仲間の関係を強化して地域社会の安定に役立っていると考えられています。

適応度合いが一番多いのはねこちゃんの尿管結石閉塞です。次に膀胱腫瘍による尿管閉塞&水腎症、稀に交通事故による尿管断裂もあります。

猫の食餌には味付けは不要です。猫の食餌にとって菓子類は要注意食のひとつで、糖分を多く摂取すると消化にカルシウムやビタミンB群を大量に消費しますので理論的には欠乏症を引き起こすことにもなりかねません。他の調味料や香辛料にも同様のことが言えます。

また、猫を寄せ付けない忌避剤や猫のシルエットをかたどった「かかし」のような効用を狙った製品も開発されていますが、猫の個体差や、周囲の状況もさまざまなことから、確実で持続的な効果があがる方法はないようです。

以上のことから子犬や子猫の場合は、混合ワクチン接種を複数回行って確実な免疫を獲得できるようにワクチンプログラムを考慮します。

健康面での効果行動・性格面での効果雄犬精巣腫瘍、前立腺疾患、肛門周囲腺腫、会陰ヘルニア等の予防になる。攻撃性の低下、性格が穏やかになり、しつけもしやすくなる。尿のマーキングが減る。雌犬望まない妊娠を防ぐことができる。子宮蓄膿症、卵巣腫瘍、乳腺腫瘍、鼠径ヘルニア等の予防になる。発情の煩わしさが解消される。(発情時の出血がなくなる、雄犬がよってこなくなる、など)雄猫精巣などの腫瘍の予防になる。外出や他の猫とのケンカが少なくなることで、外傷・ケガが減り、猫白血病ウイルス感染症、猫免疫不全ウイルス感染症(猫エイズ)に感染する可能性が低下する。攻撃性の低下、性格が穏やかになり、しつけもしやすくなる。尿のマーキングが減る。(部屋のあちこちの、壁など垂直なものに尿を吹き付ける行為をスプレーと呼んでいますが、80~90%の雄猫に対して防止する効果があります。)雌猫望まない妊娠を防ぐことができる。子宮蓄膿症、卵巣腫瘍、乳腺腫瘍などの予防になる。外出や他の猫とのケンカが少なくなることで、外傷・ケガが減り、猫白血病ウイルス感染症、猫免疫不全ウイルス感染症(猫エイズ)に感染する可能性が低下する。発情の煩わしさが解消される。(発情時の異常な鳴き声がなくなる、など)子猫の時期の幼い性格が維持される。

ミルクの量や回数については、猫用のミルクの説明書に詳しく書いてありますが、猫の育ち具合にもよりますので、それより先のことは、獣医師に相談してください。

“栄養の良い”といっても猫と人間とは違うのですから、猫の栄養学に従った、正しい栄養要求量に合わせた、ドライタイプのキャットフードを、与えるのが最も理想的な方法です。しかし、成猫になってからでは食性が強く、急にキャットフードを与えても、なかなか食べてくれません。だから、離乳の時が肝心で、これを与えておけば、栄養に関しては、もう一生が保障されたようなものです。ですから、仔猫の時から、食べさせるのが一番です。

何らかの理由で尿管が閉塞、穿孔、断裂等して、腎臓から排泄される尿を膀胱に運ぶことができなくなった場合、尿管の再疎通や再建を目的に尿管内に設置するカテーテルステントです。現状、ねこちゃんサイズだと開腹手術が必要になりますが、中~大型犬では場合によっては開腹せずにX線透視下での設置も考慮します。

また、母猫と仔猫の様子をよく観察し、乳が飲めない仔猫がいたら、母猫の乳首につけて吸わせてやるとか、母猫が意識的に遠ざけるような仔猫がいたら、離して獣医師に相談してください。

これは雄猫の正常な行動であり、猫の社会ではごく自然なことといえます。しかし、人間社会では、たいへん不都合なことになるわけです。

いわゆる猫同士の「社会化」が始まるのが10~12週齢と言われており、この頃に母親や一緒に生まれた兄弟姉妹たちと過ごす経験は、子猫の社会化に大切なことです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました