「雇用調整助成金」の特例措置、「休業支援金」は5~6月に助成額の上限を縮減、7月以降はさらに縮減予定【厚労省が発表】(ネットショップ担当者フォーラム)

アフィリエイト
「雇用調整助成金」の特例措置、「休業支援金」は5~6月に助成額の上限を縮減、7月以降はさらに縮減予定【厚労省が発表】(ネットショップ担当者フォーラム)
厚生労働省は3月25日、5月以降の「雇用調整助成金」特例措置、「新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金(休業支援金)」についての運用方針を発表した。
[紹介元] ネットショップ担当者フォーラム – Yahoo!ニュース 「雇用調整助成金」の特例措置、「休業支援金」は5~6月に助成額の上限を縮減、7月以降はさらに縮減予定【厚労省が発表】(ネットショップ担当者フォーラム)

雇用調整助成金 の特例措置 休業支援金

追加支援策について(厚労省公表のパンフレットからキャプチャ)厚生労働省は1月22日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で売り上げが減少した事業者が休業手当を支給して従業員を休ませた場合、政府がその費用の一部を助成する「雇用調整助成金」(特例措置)などの現行措置を、全国で緊急事態宣言が解除された月の翌月末まで延長すると発表した。

緊急事態宣言対象地域では現在、知事の要請を受けて営業時間の短縮へ協力する飲食店などに対し、「雇用調整助成金」などに関する大企業への助成率を最大10/10に引き上げるとしている。

加えて、売上高などの生産指標が前年または前々年同期と比べ、最近3か月の月平均値で30%以上減少した全国の大企業に関し、緊急事態宣言が全国で解除された月の翌月末まで、雇用調整助成金などの助成率を最大10/10とする。

雇用調整助成金の特例措置現行の雇用調整助成金(特例措置、厚労省公表のパンフレットからキャプチャ)「雇用調整助成金」(特例措置)は、新型コロナウイルス感染症の影響を受け販売量、売上高などの事業活動を示す指標「生産指標要件」が「1か月5%以上低下」した事業者が、休業手当を支給して従業員を休ませた場合、その費用の一部を助成する助成率を中小企業は80%(4/5)、大企業は約67%(2/3)としている。

雇用調整助成金の特例措置などを延長します3月1日更新新型コロナウイルス感染症感染拡大防止のため、令和3年2月28日までを期限としていた雇用調整助成金の特例措置が令和3年4月30日まで延長されました。

TOP>インフォメーション>厚生労働省「新型コロナ対応休業支援金制度および雇用調整助成金の特例等に関する詳細」

厚生労働省「新型コロナ対応休業支援金制度および雇用調整助成金の特例等に関する詳細」

厚生労働省は2021年1月22日、雇用調整助成金の特別措置等の期間延長について、政府の方針を発表した。これは、新型コロナウイルス感染症拡大の「第3波」が到来しているといわれる中、首都圏をはじめとした大都市圏を中心に緊急事態宣言が再発令されたことを受けての措置となる。同時に、大企業に対する助成率の引き上げについても発表した。

緊急事態宣言が2月7日に解除された場合、対象期間は3月末までとなる。対象は、「雇用調整助成金」「緊急雇用安定助成金」「新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金」。施行には厚生労働省令の改正などが必要なため、現時点での予定となる。

雇用調整助成金の特例措置とは、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けて事業活動の縮小を余儀なくされた場合、従業員の雇用維持を図るために「従業員の休業」という形で雇用調整を実施する事業主に対し、休業手当などの一部を助成するもの。厚生労働省は、2021年2月28日までとしていた雇用調整助成金の対象期間を再延長する方針を示した。

なお、緊急事態宣言が全国で解除された月の翌々月から、雇用情勢が大きく悪化しない場合は、雇用調整助成金(特例措置)を段階的に縮減する。

厚生労働省は1月22日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で売り上げが減少した事業者が休業手当を支給して従業員を休ませた場合、政府がその費用の一部を助成する「雇用調整助成金」(特例措置)などの現行措置を、全国で緊急事態宣言が解除された月の翌月末まで延長すると発表した。

コメント

タイトルとURLをコピーしました