“スター教授”の多い大学は? メディアへの発信や受賞ランキングからわかる社会貢献〈dot.〉(AERA dot.)

アフィリエイト
“スター教授”の多い大学は? メディアへの発信や受賞ランキングからわかる社会貢献〈dot.〉(AERA dot.)
ベストセラーの著者、コロナ、ウクライナ戦争の解説などテレビでの発言……。
[紹介元] AERA dot. – Yahoo!ニュース “スター教授”の多い大学は? メディアへの発信や受賞ランキングからわかる社会貢献〈dot.〉(AERA dot.)

スター教授の多い大学は メディアへの発信や受賞ランキングからわかる社会貢献dot AERA

【身体競技科学と肉体革命:最新機能的電気刺激技術】紀元前、頭痛や痛風などの治療に用いられた電気刺激装置は、シビレエイなど自然界のものであった.17866年、Galvani の電気刺激による筋収縮の発見、1793年、Voltaによる電池の発明などで、人工的な電気刺激装置が開発され、1831年には、Faradayによる誘導電流発生装置の発明で麻痺筋の電気療法が行われるようになる.20世紀半ばに、真空管やトランジスタの発明により、電流の強さや波形を自由に設定が可能となる。最近では、エレクトロニクス、コンピュータ技術の進歩により、多チャンネルで複雑な刺激の出力(ポリリズムなど)が可能になると共に、素子のチップ化で装置の小型化・軽量化が進み、体内に埋め込める刺激装置も開発され、また電気刺激の周波数や波形、パルス幅などと痛みや筋収縮のの研究が進み、苦痛の少ない電気刺激が可能となる。リハビリテーション医療現場ても電気刺激の応用範囲は広く、❶ 治療的電気刺激(TherapeuticElectrical Stimulation;TES)、❷機能的電気刺激(Functional Electrical Stimulation;FES)、❸筋力増強(Electrical Muscle Stimulation;EMS)、❹疼痛の抑制(Transcutaneous Electrical Nerve Stimulat-ion;TENS)などに応用、対象疾患も、脳卒中や脊髄損傷、術後の安静時の筋力維持、除痛などがあり、多岐にわたる。特にEMSは、最近、小型で操作性の良い電気刺激装置が開発され、医療分野のみならず一般家庭においても、健康機器、あるいは在宅用リハビリテーション機器として急速に普及。「電気刺激による筋力増強」をうたったEMSベルトは、2001年秋頃よりテレビショッピングや通販など各方面で宣伝され、人気商品になる。しかし、流行に伴い出現した類似商品のなかには、熱傷や強い痛みなどの症状を生じさせるものもあり、国内あるいは中国産などの発展途上国の医学的裏付けのない商品の危険性が指摘されている。

Apr. 1, 2015「わたしたちの言葉を上手にお話しになります、戦士殿」相手の真剣な眼差しに驚いて、アクセルが言った。戦士はアクセルを見つめつづけたが、はっとわれに返って笑った。「お許しを、ご老人。一瞬あなた・・・・・・いや、お許しを。この身は骨の髄までサクソン人ですが、ここから遠くない場所で育って、ブリトン人とも交わりがありました。それで、自分の言葉のほかに、あなた方の言葉も覚えました。ただ、最近は遠くの沼沢地に住んでいて、あまり話す機会がありません。あそこではいろいろな言葉を聞きますが、あなた方の言葉だけは聞かないもので。ですから、誤りがあったらお許しください」「いやいや、戦士殿。あなたならブリトン人でも通ります」とアクセルが言った。「じつは昨晩も、あなたの帯刀のしかたが、普通のサクソン人とは遠うなと思っていました。位置が腰に近く、そして高い。歩くときに、手がちょうど柄の上に来ます。ブリトン人のやり方によく似ていると申し上げたら、お気を悪くなさるでしょうか」ウィスタンがまた笑った。「サクソンの仲間にはいつもからかわれていますよ。帯刀だけでなく、剣の振るい方もです。じつは、わたしの剣技はブリトン人に教わったもので、あれ以上の教えはないといまでも思っています。多くの危険を切り抜けてこられたのも、その剣技があればこそ。昨夜もそうでした。失礼を承知でお尋ねします、ご老人。あなたもこのあたりの方ではないのではありませんか。ひょっとして西の国のお生まれですか」「わたしたちは隣の国から来ています、戦士殿。ここから一日のところです」「しかし、昔はもっと西に住んでいたということは?」「申し上げたとおり、隣国の者です」「ぶしつけをお許しください、ご老人。遠く西へ旅してきて、子供のころを過ごした国に――もう少し西ですが――郷愁などを感じまして。ここまで来ると、半分覚えている人の面影をいたるところに見るような気がします。お二人はもう今朝のうちにお戻りになるのですか」「いえ、戦士殿。わたしたちは東にある息子の村へ行きます。二日のうちに置きたいと思っています」「では、森を通る道を?」「いえ、山の道を行くつもりでいます。途中に賢人のいる修道院があるとのことで、その方にお会いしたいものと思いまして」「なるほど」とウィスタンが何やら考えながらうなずき、もう一度、じっとアクセルを見た。「険しい上りだと聞いています」「わしの客人は朝食がまだだ」とアイバーが口をはさんだ。「だから、失礼するよ、ウィスタン殿。これから長屋までお連れする。できれば、そのあとで、またいまのつづきをしたいが、いかがかな」アイバーは低いサクソン語で話し、ウィスタンがこくりとうなずいた。アイバーはまたアクセルとベアトリスに向き直り、首を振りながら重々しく言った。「昨夜は戦士殿にたいへんなお骨折りをいただいたのに、村の問題はまだ解決から程遠い。ついてこられよ、お二人さん。腹ぺこだろう」

1969年のニクソン大統領が議会に提出したBIの類似法案(負の所得税と家族手当の折衷案である家族扶助計画〔Family Assistance Plan〕)では、大人のBIは500ドル、それに一人216ドルのフードスタンプ(生鮮食品のみに使える金券)を加えて716ドルとなる。当時の一人当たりGDPは5032ドル、2013年の一人当たりGDPは5万3176ドルと10・6倍になっているから、現在の感覚では7566六ドルとなる。フリードマンのイメージしていた金額の約1・4倍である。それでもこれが財政的に可能と考えられたのは(実際に可能であるかどうかはわからない)、働いて追加的に得られた所得に50%というかなり高い率の税が課せられることつこく少額の所得には免除。課税額がBIを超えると税率が下がる)、ミーンズ・テスト(住宅以外に大きな資産がないことを審査する)があること、政府が適職を斡旋したときには働かなければならないなどの条件が付いているからである(ニクソン大統領の家族扶助計画については、横田信武「負の所得税と勤労意欲」、『早稲田商学』第243号、1974年6月、による)。フリードマンは、BIの額が大きすぎることに加え、これらの付随的な条件は官僚機構を肥大させ、自由を侵害するものとして反対したのである。ちなみに、2013年の日本の一人当たりGDPは、3万8491ドルとアメリカの7割余であるから、BIは3500ドル程度、日本円にして年35万円ということになる。第3章で、BIの金額をいくら程度にすべきであるかを具体的に論ずるが、これは日本では低すぎると私は考える。ただし、基本的な生活費の安いアメリカでは、年5000ドルでも最低の生活をすることは可能であろう。フリードマンがかなり低いBIを考えていたことは確かである。フリードマンは、所得再分配に反対し、誰かに富を渡すために、誰かから冨を奪うのは個人の自由を阻害すると考える。富の再分配の程度を最小限に抑えるためには、BIの規模も最小限にするしかない。

彼ら3人はいずれも東京大の教壇に立っており、メディアへの発信度ランキング1位を裏付けてくれる。

中電圧DC(MVDC)用のハイブリッドブレーカでは、前記第1低電圧耐圧スイッチは望ましくはIGCT(集積ゲート整流サイリスタ)である。 前記第1の低電圧耐圧スイッチは、望ましくは、IGBTアレイに電流を整流する単段IGBTであり、直列接続された多数のIGBTを有し、各IGBTは金属酸化物バリスタ(例えば、 MOV)。第2高電圧能力遮断スイッチは、直列接続されたIGBTトランジスタアレイ、ゲートターンオフサイリスタ(GTO)のスタック、冷陰極真空管、または電力の流れを遮断することができる同様の電力電子スイッチを含み、接続された電極の機械的応答に、トムソン・コイル作動式機械的スイッチが約100マイクロ秒の応答遅延時間であることが報告されている。ハイブリッドスイッチが回路遮断器でもある場合には、電流によって生成された磁場に蓄積された誘導エネルギーを吸収するために、半導体遮断装置またはコンデンサバンクなどのエネルギー吸収スナバもなければならない。上述のハイブリッドブレーカは、100メガジュールを超えることができるHVDC回路内の蓄積された誘導エネルギーの大部分が、回路遮断器の動作中に半導体ブロックデバイスによって吸収される例である。以上、大規模蓄電池技術の実用性を確認、まだ、Innolith社の保有技術の詳細は明らかにできなかったが、同社が言うように実用性が実証されれば、「再生可能エネルギー100%社会」は現実となる。これは愉快である。

“スター教授”の多い大学は? メディアへの発信や受賞ランキングからわかる社会貢献〈dot.〉2022-09-12 07:06:24AERA dot.

B倍ポスター 1994 大分県宇佐市の酒造メーカー、三和酒類株式会社が販売するロングセラー商品「いいちこ」。ポスターや広告、CMなど、そのブランドイメージを手がけ、いいちこを全国的に有名な商品へと押し上げたアートディレクター・河北秀也の展覧会「イメージの力 河北秀也のiichikodesign」が、大分県立美術館で開催される。会期は2023年2月11日~3月29日。 iichiko...

NDC分類 332.53第14節 ウォオール街を占拠する人はいても……富の正当性は、2008年の金融危機後のアメリカでも疑われている。下火にはなったが、ウォール街を占拠せよ、1%の人々が富を独占している、99%の普通の人々がないがしろにされている、とアメリカの若者は怒っている(実際、アメリカでは上位10%の人が70%以上の資産を持っているようだ。FRB、Survey of ConsurnerFinance、2010,Table 4より計算)。自由市場を信奉するシカゴ大学ファイナンス学部のスター教授、ルイジ・ジンガレス教授も、歪んだ報酬システムが、自由市場への信頼を蝕むと書いている(『人びとのための資本主義-市場と自由を取り戻す』序章、若田部昌澄監訳、栗原百代訳、NTT出版、2013年)。これに対して、保守派は、不毛な階級闘争を引き起こそうとしている、成功者を妬む落ちこぼれの集まりと批難している。しかし、占拠派の若者たちも、アップルのあるクパティーノ、グーグルのあるサンノゼ、マイクロソフトのあるレドモンドを占拠せよとは言わない。ここには、アップルやグーグルやマイクロソフトは富を創造したが、ウォール街は富を創造していないではないかという批判がある。もちろん、これら企業の創造した富が、その冨を創造した人々の貢献度に応じて公正に分配されたかどうはわからない。しかし、これらの企業は世界を変え、世界はこれらの企業に恩恵を受けている。私が、本書をパソコンで書くことができるのも、これら企業のおかげである。もちろん、ハイテク企業ばかりでなく、通常は、銀行や証券などの金融業も富を創造している。素晴らしいアイデアや技術があっても、そこに資金が流れなければ富は創造できない。資金を融通している金融業が、自分自身で富を創造していないとしても、富の創造を手助けしているのは確かである。ただし、ハイテク企業への抗議活動もある。例えば、所得の高い人たちが増えて不動産価格が上がると、長年暮らしてきた住民が家賃を支払えなくなって出ていかざるをえなくなる。このようなとき、昔ながらの住民が新しく来た高所得の住民たちに反感を持つ場合もある。サンフランシスコの家賃はグーグル、フェイスブック、アップル、ヤフーといったハイテク大手企業のために高騰している。これらの企業は、エアコンの効いた無縁LAN完備の快適なバスを運行し、自社の従業員を勤務先に送り届けている。住民はこのバス停に集まり、これら企業ヘの抗議集会などを行っている(土方細秩子「米国でエスカレートするグーグルなどIT企業ヘの反感」、『エコノミスト』2014年6月17日号)。住民活動家は、ハイテク企業が来ないよう新規のオフィスビルを建設できないようにすることなどを求める燭台が多いようだが、これは市の発展を阻害するものだ。むしろ、新しい住宅を増やすべきだ。シアトルでは、住宅の供給を増やしたことで、サンフランシスコほど不動産価格が上がらなかったという(エンリコ・モレッティ『年収は「住むところ」で決まる-雇用とイノベーションの都市経済学』227頁、第5章より「町のグレードが上がると困る人たち」、池村千秋訳、プレジデント社、2014年、参照)。

豊饒なセカンドライフのスリリングな言葉を求めマルチメディアな冒険を楽しんでいます。

そして現在。芸名を「りゅうちぇる」からアルファベット表記のryuchellに改め、自らの事務所「比嘉企画」を立ち上げた。さまざまなメディアで子育てについて語り、ダイバーシティーやSDGsなど社会の課題についても発信する。SNSで放たれるまっとうで真摯(しんし)なメッセージは多くの人の心に刺さりまくり、ニュース番組では祖母から聞いた沖縄戦について語り、若者たちに「歴史を忘れないで」と呼びかける。YouTubeチャンネル登録者数は48万3千人を超えた。

第3章三人が到着したとき、長屋には誰一人見当たらなかった。だが、アイバーが厨房に入っていってしばらくすると、年配の女が二人、パン、蜂蜜、クッキーと、ミルクと水の入った水差しを持って出てきた。アイバー本人も、小さく切り分けた鶏肉の皿を運んできた。アクセルとベアトリスは感謝してその朝食を食べはしめた。二人とも、食べてみて初めて自分がいかに空腹だったかに気づき、しばらくは黙々と食べていた。アイバーはそんな二人の向かい側にすわり、遠い目をして、じっと何か考え込んでいた。やがてベアトリスが言った。「サクソン人の村は重荷ではありませんこと、アイバー?少年が無事に戻り、鬼も退治されたわけですけど、同族のもとに戻りたいとは思いませんか」「あれはただの鬼ではないぞ、ベアトリスさん。このあたりでこれまで見たこともない生き物だ。あれが門の外をうろつかなくなったと思うだけで、心底ほっとする。だが、少年はまた別問題だ。戻りはしたが、とても安全とは言えない」長屋の中はまた三人だけになっていたが、アイバーはテーブルに身を乗り出し、声を低くした。一あなたの言うとおり、こんな野蛮人となぜ暮らしつづけるのかとよく思うよ。鼠穴に暮らすほうがましだ、ともな。あの勇敢な旅人は-昨夜、あれだけのことをしてくれた男は-わしらのことをどう思うだろうか」「何かあったのですか、長老」とアクセルが尋ねた。「わたしたちも、昨晩、笥火のところにいましたが、争いが起こりそうと見て引きあげました。なので、何かあったか知りません」「引きあげてくれてよかったよ、お二人さん。ここの異教徒どもは、互いの目を扶り出しかねないほど興奮していたからな。見知らぬブリトン人二人を間近に見つけたりしたら、どんな扱いをしたことか……思っただけで身の毛がよだつ。少年はエドウィンと言う。無事に戻って、最初は村全体が喜んでいたんだがな、女たちが少年の体に小さな傷を見つけた。わしも他の長 老と一緒にそれを確かめた。胸のすぐ下にちょっとな。子供が転んだときにできるかすり傷くらいのものだ。だが、女どもは――少年の親族までもだ――それが噛み傷だと言い張って、今朝にはもう村全体がそれを噛み傷だと呼んでおる。わしは本人の身の安全を考えて、エドウィンを小屋に閉じ込めておかねばならんかった。それでもだ、仲間も家族も、誰も彼もがドアに 石を投げつけ、引きずり出して殺そうとする」「なぜですの、アイバー」とベアトリスが尋ねた。「霧のせいなの?あの少年がどんな恐怖にさらされたばかりなのか、みんな忘れてしまったのかしら」「そうだったらどんなにいいか、ベアトリスさん。今回はみんなが全部覚えているようなんだ。異教徒どもは自分たちの迷信しか目に入らん。要するに、悪鬼に噛まれた者はいずれ悪鬼に変わると信じ込んでおる。この村の内部に悪鬼が生まれ、悪さの限りを尽くす、とな。だから、あの少年を怖がる。この村にいるかぎり、あの少年の運命は悲惨だ。ウィスタン殿が教ってくれないほうがよかったということにさえなりかねん」「ですが、長老、良識のある村人だってきっといるのではありませんか」とアクセルが言った。「いても、ごく少なかろう。それにだ、一日や二日は制止できても、無知な者どもがのさばり出すのにさほどかかるまいよ」「では、どうすれば、長老?」「あの戦士もお二人に劣らんほど心配してくれてな、今朝はずっと相談に乗ってくれていた。で、わしは一つの提案をした。ひどい押しつけだとは思ったがな、この村を出るとき、少年を連れていってくれまいかと頼んだ。そして、ここから十分に遠いどこかの村に世話を託して、新しい人生を始める機会を与えてやってくれまいか、とな。村のために命を賭してくれた人に――しかもその直後に――こんなことを頼むのは心底恥ずかしいが、ほかにできることを思いつかん。ウィスタン殿は、王から頼まれた用事の途中で、馬の怪我や昨夜の問題ですでにだいぶ後れているらしいが、この提案を考えてくれている。わしは、まずあの少年がまだ無事かどうかを確認して、ウィスタン殿の決定を聞きにいかれぼならん」アイバーは立ち上がって、杖を取った。「発つまえに、さよならでも言いにきてくだされ、お二人さん。まあ、いまの話を問いてしまったら、一目散に逃げ出したくなっても無理はないとは思うがの……」アイバーの姿が戸口を抜け、日当たりの良い中庭を去っていくのを、アクセルはじっと見送った。「ひどい話だ、お姫様」と言った。「ええ、アクセル。でも、わたしたちには関係ない。ここでぐずぐずするのはやめましょう。今日の道は険しいもの」食べ物とミルクはとても新鮮で、二人はしばらく黙って食べつづけた。やがてベアトリスが言った。「昨夜、アイバーが霧について言っていたことはぽんとうなのかしら、アクセル。わたしたちの物忘れは、神様ご自身のせいだってこと……」 「どう考えたらいいのかな、お姫様」「ね、アクセル、今朝、目が覚めるとき、あることを思いついたの」「何をたい、お姫様」「ただの思いつきだけど、神様はわたしたちがしたことの何かに怒っているんじゃないかしら。それとも恥じているとか……」「ほう、おもしろい考えだ、お姫様。だが、それならわたしたちを罰すればいいのに、なぜ忘れさせるんだろう。ほんの一時間前に起きたことを、ばかみたいに」「わたしたちを-わたしたちのしたことを-深く恥じて、ご自身でも忘れたがっていたら?その人がアイバーに言ったように、神様が覚えていないなら、わたしたちが忘れても不思議じゃありませんよ」「神をそれほど恥じ入らせるとは、わたしたちはいったい何をしたんだろう」「わからないけど、でも、あなたやわたしがしたことじゃないのは確かですよ、アクセル。神様はわたしたちをいつも愛してくださったもの。神様に祈れば――祈って、せめて大切ないくつかのことくらいは思い出させてくださいって願えば――聞き届けてもらえるかもしれない」外で笑い声がした。アクセルが少し首を仲ばすと、中庭で子供たちが遊んでいるのが見えた。小川に置かれた二つの平らな岩でバランス遊びをしている。見ている間にも一人が水中に落ち、けたたましい笑い声が起こった。「さあな、お姫様。修道院の賢人なら、ひょっとして何か説明できることがあるのかもしれないが・・・・・・。ところで、今朝、目が覚めたときのことと言えば、わたしも思い出したことがあるよ。おまえがそういうことを考えていたのと同じころかもしれない。ちょっとした記憶、単純な記憶なんだが、重い出してとても嬉しかった」「あら、どんなことかしら、アクセル?」「市場か祭りだ。二人でそこを歩いていた。村なんだが、わたしたちの村ではなかったな。おまえはあのフード付きの明るい緑色のマントを菅ていた」「それはきっと夢ですよ、あなた。それか、ずいぶん昔の話。だって、緑のマントなんて持っていませんもの」「確かにずいぶん昔のことだ、お姫様。夏だったが、二人がいた場所には冷たい風が吹いていて、おまえは風よけに緑のマントをまとった。フードはかぶっていなかったな。市が立っていたのか、何かの祭りだったのか。丘の斜面にある村で、村に入ったとき、囲いの中に山羊がいた」「で、わたしたちはそこで何をしていたの、アクセル」「腕を組んで、ただ歩いていた。すると、突然、行く手に見知らぬ人が現れた。村の男だと思う。おまえを一目見ると、まるで女神でも見ているみたいに目が隨せなくなった。覚えているかい、お姫様?若い男だ。もちろん、そのころはわたしたちも若かったんだが……こんな美しい女は見たことがない――男はそう大声で言って、手を仲ばし、おまえの腕に触れた。覚えていないかい、お姫様?」「なんとなく思い出すような気もしますけど、はっきりとは………あの酔っ払いのことを言っているのかしら」「少しは酔っていたかもしれないが・・・…さてな。言ったように、何かの戻いの日だったからな。とにかく、その男はおまえを見て、目を丸くした。こんなに美しい人を見たことがないと河った」「じゃ、やはりずいぶん昔のことですよ。あなたが焼きもちを焼いて、その人と喧嘩した日のことでしょう。村から追い出されそうになった日……」 一そういう記憶はないな、お姫様。いま思い出せているのは、おまえが縁のマントを看ていたことと、何かの祭りの日だったこと、そしてその男が言ったことだ。おまえの保護者だと見て、わたしに向かってこんなことをI河った-なんたる美女、絶世の美女だ。君、大切に守ってやらんといかんよ、と」「何となく思い出しましたよ。でも、やはり焼きもちを焼いて、喧嘩したんじゃなかったかしら」「そんなことをするはずがないさ。だって、その男の言葉に鼻高々だったし、いまでも思い出と嬉しさがこみ土げてくる。絶世の美女と言ったんだよ。そして、大切に守ってやらんといかんよ、とも言った」「鼻高々でもあり、焼きもちも焼いたんですよ。相手は酔っ払いなのに、向かっていったんじゃなかったかしら」「わたしが覚えているのとは違うな、お姫様。まあ、冗談のつもりで、焼きもちを焼いたふりをしたのかもしれない。だが、あの男に悪意がなかったことくらいはわかったと思うよ。とにかく、今朝はそんなことを思い出しながら目が覚めた。ずいぶん昔のことなのに」「あなたの記憶がそうなら、それでいいのではないかしら、アクセル。この霧があるかぎり、どんな記憶も貴重ですもの。逃さないよう、しっかりとどめておかないと」「あのマントはどうなったんだろう、おまえが大切にしていたマントは」

高校生が大学教員の存在を知るきっかけは何だろうか。興味を持った分野の入門書を読んだ、という人がいるだろう。しかし、もっとも多いのがテレビ、新聞、雑誌、ネットなどメディアを通じて、初めて大学教員と出会ったということではないだろうか。

「CLASSY.ONLINE」およびCLASSY.公式インスタグラムで毎日更新している「今日の服装」。1週間分をまとめてお届けします。引用元:CLASSY.喪服に見えない「黒ワンピース」の着方って?重厚感のある黒ワンピースを着るなら、あえてスポーティなスニーカーで外すのがポイント。黒×白でコントラストをつけた、バイカラーにすれば、ちぐはぐに見えず、モードな雰囲気に。小物はひとクセあるパールネック...

コメント

タイトルとURLをコピーしました