日本人選手にとって“大きな壁” 欧州のビッグクラブで最も活躍したのは誰なのか〈dot.〉(AERA dot.)

アフィリエイト
日本人選手にとって“大きな壁” 欧州のビッグクラブで最も活躍したのは誰なのか〈dot.〉(AERA dot.)
今夏も欧州サッカーの移籍市場が活発な動きを見せる中、新天地への移籍を決断する日本人選手も多かった。
[紹介元] AERA dot. – Yahoo!ニュース 日本人選手にとって“大きな壁” 欧州のビッグクラブで最も活躍したのは誰なのか〈dot.〉(AERA dot.)

日本人選手にとって大きな壁 欧州のビッグクラブで最も活躍したのは誰なのかdot AERA

「私は今、レバノンにいる。ようやく日本の偏った司法制度の下での囚われの身ではなくなった」

高橋監督誕生後は「ただ応援してるだけですよ、本当に。中のことまで僕は分からないんで。由伸が監督になってから…とりあえず勝ってほしい、とね。そういう気持ちだけで見てました」という松井さん。高橋さんが「日本に来るたびに球場にも来てもらったり。監督室にも。愚痴もいっぱい言いました」と話すと、2人で懐かしそうに笑い合った。

ゴーン被告は、1月8日の午後8時(日本時間)に、レバノンのベイルートで記者会見を開く予定だと広報担当者が明らかにした。逃亡理由や、日本の司法への批判が語られるだろう。

本記事は、書籍『誰が科学を殺すのか 科学技術立国「崩壊」の衝撃』(著・毎日新聞「幻の科学技術立国」取材班 、毎日新聞出版)の中から一部抜粋し、転載したものです。毎日新聞の取材班が綿密な調査で迫った、日本の科学技術凋落(ちょうらく)の実態。大学の研究現場や、科学技術政策に携わってきた政治家、そして企業にも切り込んだ本書。企業の取材先は、電機メーカーのほか、バイオベンチャー、自動車業界にも渡りますが、今回は東芝の事例に迫ります。

◆ゴーン被告による「日本の司法批判」にも一理あり?

このプロジェクトでは、2020年末に閉鎖予定のトヨタ自動車東日本株式会社 東富士工場(静岡県裾野市)の跡地を利用して、将来的に175エーカー(約70.8万m2)の範囲において街づくりを進め、2021年初頭に着工する予定。都市の名前は「Woven City」と命名された。

「無電柱化率日本一(14%)の兵庫県芦屋市、花見小路などの観光地の無電柱化を進めた京都市などが有名で、そうした自治体に共通するのは、首長が強いリーダーシップをもって推進したこと。ちなみに、伊勢市おはらい町の無電柱化を先頭に立って引っ張ったのは『赤福餅』で知られる赤福の社長でした」

今回取材した2人は、どちらも広告に関する業務に携わる。丸山祐子さんは、13年入社で、フェイスブックのソリューションマネジャーとして、広告主マーケティングに携わる。もう1人の永松朋子さんは、15年にシンガポールで採用となり、日本の広告代理店を担当するチームを統括している、中小ビジネス担当パートナーマネジャーだ。どちらも30代後半で体力的にも能力的にもノリにのっている。

前回の東京五輪(1964年)当時、日本国内でサッカーはマイナー競技でしかなく、初めて五輪を開催するに当たって記者席の場所は、陸上競技の花形競技である100メートルのゴールラインの延長戦上に作られた。

海外の主要都市と比べると、ロンドン、パリ、香港、シンガポールが100%、台北96%、ソウル49%、ジャカルタ35%と、日本の低さが際立つ。

【写真】「ケガがなければ…」日本代表の歴史を変えられた“未完の逸材” 欧州で活躍した日本人プレイヤーの第一人者は、奥寺康彦だ。1977年10月、25歳でドイツ1部の1.FCケルンに加入。左ウイングとして1977-78シーズンのリーグ優勝とドイツ杯優勝の二冠に貢献。翌シーズンは、UEFAチャンピオンズカップ(現在のUEFAチャンピオンズリーグ)の準決勝でゴールを決めている。その後、2部のヘルタ・ベルリンを経てブレーメンに移籍し、サイドバックとして5シーズンに渡って活躍。ドイツの1部でプレーした9年間で、ブンデスリーガ通算234試合出場と26得点は、それぞれ長谷部誠と岡崎慎司に破られるまで日本人最多を誇っていた。しかし、時代はボスマン判決以前であり、ケルンとブレーメンは名門ではあるが「ビッグクラブ」とは言えないだろう。

>>1【これが現実の真実】SVホルンオーナー本田圭佑運営資金2億5000万円を支払わずに逃亡中オーストラリアのSVホルンのオーナーになって『3年で一部リーグ優勝』を偉そうに宣言するも 3年目、三部リーグで8位イタリア紙に皮肉でバカにされる『お前、優勝するって言ってなかったか?ケイスケw』三部リーグに落ちた途端、本田圭佑はチームに必要な 2億5000万円を支払わずに逃亡中!本田の悪行〜ホルン詐欺〜本田「ホルンに関して5年のスパンでこのプロジェクトを考えています。」SVホルンを買収して「1年で3部優勝、2部昇格、3年以内の1部昇格と優勝タイトル」「そして5年以内のUEFAチャンピオンズリーグを目指します」「小学生の子供たちのスクール、中学生年代対象のジュニアユース、幕張自社グラウンドで高校生年代のユースチーム、 ベースとなるサッカースクールを三角形の底辺として、ジュニアユース、ユースと上がっていき、ホルンを頂点として海外でプロ選手目指せる道筋を作ります。」理事会の過半数をホンダ・エスティーロ側の人間で占め決定権がある。本田側が49%出資して、クラブの有限会社が設立される。地元報道によればホルンの予算は約200万ユーロ(約2億6,000万円)ある初老のサポーター「もし今年2部に上がれなかったり、近い将来1部に上がれなかったりすれば、途中で投げ出すに決まっている。(想像通りw)私は(ボランティアの人たちの援助で運営してきたこのチームに)日本人が関わることに反対なんだ」2017年4月27日、本田側が運営するSVホルンの公式HPで一方的にHONDA ESTILO株式会社からのSVホルンに対しての投資額(3年契約の残り一年分)が2017年夏から大幅に減ることが発表された。また同時にサッカースクールのSVホルンを頂点とした組織図や進路説明がまるごと削除された。足りなくなった運営費用の捻出や来季のクラブ運営登録の再提出など放り出された問題が山積みとなった影響で財政面に関する資料の不備と刻限を過ぎての提出となり50万ユーロの制裁金、勝ち点減点処分など懲戒戒告処分が下された。決定権が旧経営陣に戻されボランティアの方々の協力を得ながら対応に追われている。

サッカーの日本代表やJリーグの試合会場として「新国立は使われるのですか?」と聞かれても「サッカーの専用競技場ではないので埼玉スタジアムの頻度が高いでしょう」と答えざるを得ない。

神戸物産は本社が兵庫県加古郡稲美町と神戸市の以西にあるため、業務スーパーの出店エリアが西日本に多く分布していると思いがちだ。だが2019年10月末時点で、関西直轄(大阪・京都・淡路島除く兵庫・奈良・和歌山・滋賀)の244店に対し、関東直轄(東京・千葉・神奈川・埼玉)は233店である。

日本人選手にとって“大きな壁” 欧州のビッグクラブで最も活躍したのは誰なのか〈dot.〉8/12(金) 18:00配信41コメント41件マンチェスター・ユナイテッド時代の香川真司(ロイター/アフロ) 今夏も欧州サッカーの移籍市場が活発な動きを見せる中、新天地への移籍を決断する日本人選手も多かった。新たに海を渡る者も含め、かつては片手で数えられるほどだった“欧州組”が、現在は60人以上に上る。しかし、その内実を見ると、南野拓実がリバプールを去り、久保建英もレアル・マドリードから完全移籍。いわゆる欧州5大リーグのビッグクラブと呼べるチームでプレーする選手は、アーセナル所属の冨安健洋のみであり、依然として日本人選手にとって「ビッグクラブで活躍する」ことは困難で、敷居は高いままだと言える。では、過去を振り返るとどうだったのか。これまで「ビッグクラブで最も活躍した日本人選手」は誰になるのだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました