サル痘の「異常な広がり」と「濃厚接触」 WHO緊急事態宣言見送りの理由とは〈AERA〉(AERA dot.)

アフィリエイト
サル痘の「異常な広がり」と「濃厚接触」 WHO緊急事態宣言見送りの理由とは〈AERA〉(AERA dot.)
[紹介元] AERA dot. – Yahoo!ニュース サル痘の「異常な広がり」と「濃厚接触」 WHO緊急事態宣言見送りの理由とは〈AERA〉(AERA dot.)

『WIRED』によるサル痘の関連記事はこちら

サル痘に対しては、かつて接種が行われた天然痘のワクチンが高い効果があり、WHOによりますとサル痘の感染を防ぐ効果は85%に達するということです。

サル痘の致死率は1%〜10%程度とばらつきがありますが、それほど驚くほど高い致死率ではありません。

サル痘の潜伏期間は5~21日(通常7~14日)とされる(WHO, 2021)。潜伏期間の後、発熱、頭痛、リンパ節腫脹、筋肉痛などが1~5日続き、その後発疹が出現する。発疹は典型的には顔面から始まり、体幹部へと広がる。初期は平坦であるが、水疱、膿疱化し痂皮化した後、発症から2~4週間で治癒する(写真2)。発疹は皮膚だけではなく、口腔、陰部の粘膜、結膜や角膜にも生じることがあるが、特に初期においては水痘や麻しん、梅毒などのその他の発疹症との鑑別が困難なことがある。リンパ節腫脹を呈する頻度が高く、類似した皮膚病変を示す天然痘との鑑別に有用とされる(Andrea M. 2014)。

国立感染症研究所やWHOなどのウェブサイトによりますと、サル痘のウイルスの潜伏期間は通常、7日から14日間で、潜伏期間のあと、発熱、頭痛、リンパ節腫脹、筋肉痛などが1日から5日間続き、その後、発疹が出るということです。

また、サル痘の検査は水疱に含まれている液体などから新型コロナウイルスと同じようにPCR検査で調べられますが、現時点で確定診断ができるのは国立感染症研究所に限られています。

対症療法が行われる。一部の抗ウイルス薬について、in vitroおよび動物実験での活性が証明されており、サル痘の治療に利用できる可能性がある。

上述したように2017年にナイジェリアで感染者が増加し、その後ナイジェリアに渡航歴のある人の感染がイギリスで発見され、2022年5月以降にはヨーロッパ、アメリカ、カナダでサル痘の感染や感染疑いの例が相次いで報告されるようになりました。最初はナイジェリアへの渡航歴のある人に限られた感染だったのですが、次第に渡航歴がなくとも感染、感染疑いのある人が増えていきました。

ウイスコンシン州ではサル痘の患者の処置を行った看護婦と医療補助者がサル痘に似た症状を示し、また、医療補助者のボーイフレンドも同様の症状を示したと新聞で報道されました。しかし、CDCのMMWRでは、6月中旬までのところ、ヒトへの2次感染は見いだされていないと述べていますので、これらの例はサル痘の2次感染ではなかったものと推測されます。

常在国外で報告されている症例については、これまでに知られているサル痘の症状の特徴とは異なる所見があることが報告されており、注意が必要である。症状として性器及び肛門周辺の皮膚病変、鼠径リンパ節腫脹、発熱が多くみられたこと、発疹は全身症状に先行して出現し、初期の小水疱から痂皮化したものまで様々なステージのものが非同期的にみられたこと(Antinori A, 2022, Duque MP, 2022, Hammerschplag Y, 2022,)、サル痘を疑う症状のない者の直腸肛門検体からサル痘ウイルスが検出され、無症候性病原体保有者の存在が示唆されること(De Baetselir, 2022)など、過去の報告との違いが指摘されている。

いくつかの抗ウイルス薬について、in vitroおよび動物実験での活性が証明されており、サル痘の治療に利用できる可能性があるが、サル痘に対する薬事承認を得ているのはEUにおけるtecovirimat(ST-246)のみである。 tecovirimatは、米国SIGA Technologies 社が開発する抗ウイルス薬であり、2018年に米国で経口の抗天然痘薬として承認され、2022年5月に同適応の静注薬として承認された(US FDA, 2018 ,SIGA, 2022)。また、EUでは天然痘、ワクチニア症、サル痘、牛痘に適応がある経口薬として承認された(European Medicines Agency, 2022)。いずれも臨床試験で効果を評価することは困難であることから、非ヒト哺乳類(サル)を含む複数の動物での致死的チャレンジ試験のデータにより有効性が評価されている。サル痘に対する効果については、サルにおけるサル痘の致死的チャレンジ試験でも有効性が確認されている(US FDA, 2018, Grosenbach DW, 2018)。英国からヒトでのサル痘の治療例が1例報告されており、他の抗ウイルス薬であるbrincidofovirで治療された3例と比較して、症状及び上気道ウイルス排出期間が短く、退院までに有害事象は確認されなかった(Adler H, 2022)。ヒトにおける安全性は359人で評価されており、最も多い副作用は頭痛(10人に1人程度)と吐き気(最大10人に1人程度)で後遺症なく回復している(European Medicines Agency, 2022, Grosenbach DW, 2018)。また、ヒトでの第2世代天然痘ワクチン接種後の重篤な副反応例に対しての治療目的の使用例があるが(Vora S, 2008, CDC, 2009, Lederman ER, 2012, Whitehouse ER, 2019, Lindholm DA, 2019)重篤な副作用は見られていない。

現在発生しているアウトブレイクは抑制可能だと、ティタンジは考えている。しかし、将来的により感染力が強くなり、重大な危機を引き起こす可能性のあるサル痘のウイルス株を監視し続けることが、いかに重要であるかを示しているとも考えているという。

※『WIRED』によるサル痘の関連記事はこちら。

このように、症状が進行していくのです。これは多くの新聞に掲載され、ガーディアン紙はこのことについて話していますし、例えばニューヨークタイムズでは、テキサス州でサル痘の患者が検出されたとあります。ただ、このニューヨークタイムズの記事は2021年のもので、現在のものではないことを付け加えておきます。イギリスのものは 2020年5月の最新版です。

最後の感染者は1977年だったと記憶しています。このように、猿の痘痕のような斑点が見えますが、これはサル痘の特徴です。これはかなり多くの論文に掲載されています。その前に、これはNHS(英国保健医療局)のサイトからのものです。

新型コロナウイルスのサンプル分析に使われていたゲノム解析センターは、サル痘のゲノム配列決定に迅速に対応した。ハーバードT.H.チャン公衆衛生大学院の疫学者ビル・ハネージは、アウトブレイクがどれほど広範囲に及んでいるか把握するひとつの方法として、新しいウイルス監視技術である廃水サンプリングを利用しているという。つまり、下水に排出されるウイルスの痕跡を調べているということだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました