同居猫どうしがケンカしがち。飼い主ができる対処法を獣医師に聞いた(ねこのきもち WEB MAGAZINE)

アフィリエイト
同居猫どうしがケンカしがち。飼い主ができる対処法を獣医師に聞いた(ねこのきもち WEB MAGAZINE)
多頭飼いしていると、猫どうしが取っ組み合いなどのケンカをすることもあるでしょう。
[紹介元] ねこのきもち WEB MAGAZINE – Yahoo!ニュース 同居猫どうしがケンカしがち。飼い主ができる対処法を獣医師に聞いた(ねこのきもち WEB MAGAZINE)

同居猫どうしがケンカしがち 飼い主ができる対処法を獣医師に聞いた ねこのきもち

運営・監修「いぬと暮らす、ねこと暮らす。」編集部動物病院勤務の経験がある獣医師、アクサダイレクトのペット保険業務に携わる犬好き・猫好きの在籍する編集部です。ペットとの暮らしに役立つ情報から、犬や猫に関する健康・しつけなどの大切な知識、しぐさからわかるおもしろ豆知識など、専門的な視点から幅広く情報をお届けします。

猫同士が噛み合う理由は様々です。しかし、あまりにも激しく噛み合っている場合、飼い主さんは心配になりますよね。ここでは猫同士が噛み合いを始めた時の対応方法をまとめました。

不安な毎日を過ごすのは飼い主さんのストレスになってしまいます。飼い主さんがストレスを抱えている状態は猫にとってもいい状況ではありません。自己判断・自己治療はあきらかに軽度の場合だけにしたほうがいいでしょう。

「ありますね。猫はもともと砂漠で生きていたので、水分摂取量が少ないです。そのため、便が非常に硬かったり、コロコロウンチであることが少なくないのですが、小さいころからコロコロで硬い便であると、それが異常だと気付かない飼い主さんもいらっしゃいますね」

猫同士が早く仲良くなれるよう、飼い主さんがサポートしてあげましょう!

爪とぎの役割は外側の古い爪をはがして、新しい爪を出すことです。新しい爪の先は鋭くとがっているため、布などに引っかかりやすくなっています。爪切りでその鋭い爪の先を切ることは、飼い猫が安全に暮らすために必要なことなのです。

爪切りをしないと、鋭い爪の先がカーテンやカーペットに引っかかり、爪が根元から折れて出血するといったケガにつながる可能性があります。また、爪が伸びすぎると、肉球に刺さり化膿してしまうこともあります。肉球は猫にとって敏感な場所なので、痛みも強く感じ、歩くことに支障が出ることもあります。多頭飼いでは、猫同士のケンカやじゃれつきで大ケガをしてしまうこともあります。

猫の生活【獣医師監修】猫の爪切りってどうやるの?嫌がる場合は?飼い主さんの悩みを解決!目次猫の爪切りをしないとどうなるの?猫の爪切りの手順とコツを知りたい!爪切りを嫌がる猫の対策は?猫の爪切りにおすすめのグッズは?まとめ猫科の動物は本来野外で獲物を捕獲する生活をしているので、鋭い爪はその生活に必要不可欠です。しかし、飼い猫の場合、その鋭い爪が人間と生活するうえで障害になることがあるため、猫の爪切りは飼い主の大切なケアの1つになっています。猫の爪を伸ばしたままにすると猫も人間も家も傷つき、傷口から感染症を起こすことがあります。嫌がる猫の爪を切るコツや爪切りの手順について解説します。めざせ、爪切りマスター!猫の爪切りをしないとどうなるの?外で暮らす猫は木に登ったり、獲物を捕まえたりすることで自然と爪の伸びすぎを防ぐことができます。しかし室内で飼われている猫にはそのような機会がないので、飼い主が爪を切る必要があります。老猫では、爪とぎの頻度が減るため特に注意が必要です。猫の爪切りをしないでいると、猫だけでなく飼い主さんもケガをする危険が高くなり、また、家の中が傷つきボロボロになってしまうこともあります。まずは猫の爪の構造と働きを理解しましょう猫の爪は、玉ねぎのような多層構造です。爪をとぐことで外側の爪をはがし、内側の新しく鋭い爪を出します。ふだん、爪は肉球の間にしまわれていますが、物をつかむときなど肉球に力が加わることで、出てくる仕組みです。爪の内側の根元に見えるピンク色の部分は「クイック(quick)」と呼ばれる部分で、神経と血管が通っています。[クイック(quick)=神経と血管]爪の内側の根元に見えるピンク色の部分猫の「爪とぎ」と「爪切り」は違います「猫は自分で爪をといでいるから大丈夫」と思いがちですが、「爪とぎ」と「爪切り」の役割は違います。爪とぎの役割は外側の古い爪をはがして、新しい爪を出すことです。新しい爪の先は鋭くとがっているため、布などに引っかかりやすくなっています。爪切りでその鋭い爪の先を切ることは、飼い猫が安全に暮らすために必要なことなのです。爪を切らないとケガにつながることも爪切りをしないと、鋭い爪の先がカーテンやカーペットに引っかかり、爪が根元から折れて出血するといったケガにつながる可能性があります。また、爪が伸びすぎると、肉球に刺さり化膿してしまうこともあります。肉球は猫にとって敏感な場所なので、痛みも強く感じ、歩くことに支障が出ることもあります。多頭飼いでは、猫同士のケンカやじゃれつきで大ケガをしてしまうこともあります。爪で引っかかれることで起こる感染症もあります飼い主さんが猫に引っかかれるとケガだけでなく、感染症を起こすことがあります。「猫ひっかき病」「パスツレラ症」などが代表的です。「猫ひっかき病」はバルトネラ菌という細菌によって起こりますが、多くの場合、子猫に引っかかれたところから体内に菌が入り、リンパ節が腫れる感染症です。倦怠感や頭痛、発熱、のどの痛みを伴うこともあります。「パスツレラ症」は、パスツレラ菌によって起こる病気ですが、咬傷や引っかき傷などの外傷部が早ければ数時間程度で腫れて赤くなります。抵抗力が弱い人や糖尿病など基礎疾患を持つ人は重症化し、命にかかわる場合もあります。子猫と老猫の爪切りは特に気をつけましょう子猫は爪を出し入れする筋肉が未発達なので、爪がしまえずに出しっぱなしになっていることが多く、布などに引っかかりやすいので注意が必要です。爪がしまえるようになるまでは、こまめに少しずつ切るようにしましょう。子猫のうちから爪切りに慣れさせておくと、その後のケアが楽になります。老猫になると、若いころよりも爪とぎの頻度が減少します。単に、面倒になって爪とぎをしなくなることもあるようです。そうなると古い爪がいつまでも残るため、爪が太くなってしまいます。爪は内側に向けて伸びていくので、肉球に刺さって傷ができ、化膿することも。そうならないようにこまめなケアが必要です。

犬・猫用サプリメントなどを飼い主さま向けに販売するオンラインストア。

猫の爪切りをしないでいると、猫だけでなく飼い主さんもケガをする危険が高くなり、また、家の中が傷つきボロボロになってしまうこともあります。

噛み合いがヒートアップしている時は飼い主さんが止めに入りましょう。

愛猫のウンチを持ったときに、ウニッとつぶれるぐらいの柔らかさかどうか、飼い主さんは確認してみてくださいね!

飼い主さんが猫に引っかかれるとケガだけでなく、感染症を起こすことがあります。「猫ひっかき病」「パスツレラ症」などが代表的です。

猫がより早く多頭飼いに慣れるよう薬を用意しておくのもひとつの方法です。効果的なのは、猫の頬から出ているフェロモンを参考にして製造されたフェロモン製剤。フェロモン製剤は多頭飼いによる緊張を和らげてくれるので、猫のストレスを軽減させることができます。

※写真は「いぬ・ねこのきもちアプリ」にご投稿いただいたものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました