「学校給食」の70年 廃止の危機、業界奮闘で実ったソフト麺〈週刊朝日〉(AERA dot.)

アフィリエイト
「学校給食」の70年 廃止の危機、業界奮闘で実ったソフト麺〈週刊朝日〉(AERA dot.)
日本人ならば子ども時代に多くの人が体験してきたであろう学校給食は、現在のようなかたちになってから、今年で70年になる。
[紹介元] AERA dot. – Yahoo!ニュース 「学校給食」の70年 廃止の危機、業界奮闘で実ったソフト麺〈週刊朝日〉(AERA dot.)

学校給食課へ提出ください

その後、1923(大正12)年には児童の栄養改善のための方法として国から奨励されるなど、徐々に広まりを見せていった学校給食でしたが、戦争による食料不足などを理由に中止せざるを得なくなってしまいます。

戦後になると、食糧難のため児童の栄養状態が悪化し、国民の要望が高まったことで再開されます。1954(昭和29)年には「学校給食法」が成立し、実施体制が法的に整いました。

学校給食課へ提出ください。毎月20日までに提出した場合、翌々月の給食から自動予約が開始します。

1889(明治22)年、山形県鶴岡町(現・鶴岡市)の大督寺というお寺の中に建てられた私立忠愛小学校で、生活が苦しい家庭の子どもに無償で昼食を用意したことが、日本における学校給食の起源とされています。その昼食は、大督寺の僧侶が一軒一軒家を回り、その家々でお経を唱えることでいただいたお米やお金で用意したものでした。

同法の第2条では「学校給食の目標」が掲げられています。そのひとつが「適切な栄養の摂取による健康の保持増進を図ること」であり、学校給食は1日に必要な栄養素の約3分の1がとれるように、バランスを考えながら作られるようになりました。

日本人ならば子ども時代に多くの人が体験してきたであろう学校給食は、現在のようなかたちになってから、今年で70年になる。懐かしいあのメニューは、いったいいつから始まったのか、知られざるルーツを徹底調査した。

サクッとジューシーな歯ごたえで、ご飯に合うおかずとして大人気。他に鶏肉を使用した料理では、兵庫県赤穂市の学校給食で1番人気の「鶏肉のレモン漬け」があります。昨年、家庭でも味わえるようにたれが商品化されました。

2009(平成21)年に「学校給食法」が改正施行されると、その目的が「食育」の観点から見直され、学校給食を取り巻く環境はさらに向上していったのです。

パンもしくは米飯、おかず、ミルクの3点が揃った学校給食を、完全給食と呼ぶ。

核家族化や両親の共働き、加工食品や外食産業の増加など、ライフスタイルや環境の変化は、家庭内の食卓事情にも大きく影響を及ぼしました。それにより、近年では栄養バランスの偏った食事が懸念されるようになっています。そんななか、子どもたちが食に関する正しい知識と食習慣を身に付けるために重要な役割を果たしているのが学校給食です。今回は、学校給食の今を知るうえで欠かせない、給食の歴史を紐解いていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました