猫に「生魚」を与えるときの注意点は? 種類によっては危険なものも|獣医師解説(ねこのきもち WEB MAGAZINE)

アフィリエイト
猫に「生魚」を与えるときの注意点は? 種類によっては危険なものも|獣医師解説(ねこのきもち WEB MAGAZINE)
猫といえば魚が好きなイメージがある人も多いでしょう。
[紹介元] ねこのきもち WEB MAGAZINE – Yahoo!ニュース 猫に「生魚」を与えるときの注意点は? 種類によっては危険なものも|獣医師解説(ねこのきもち WEB MAGAZINE)

これらに注意すれば 猫にとってかつおは豊富はたんぱく源になります

カツオ鮭と同様に良質なタンパク質が豊富なカツオも、猫に与えても良い刺身です。ただし、鮮度が落ちたものを与えると、皮膚炎やショック症状を起こす原因になります。必ず新しいものを、1切れの半分程度与えてください。

サーモンのリゾット風の材料は、生鮭1切とご飯スプーン1杯、キャベツ適量、オリーブオイル小さじ1、水適量です。ここで注意したいのは生鮭は、塩などで味付けがされていないものを選ぶということです。味付けされた鮭は猫にはとても味が濃く、健康にも良くありませんので注意してください。

現段階で愛猫に食物アレルギーがある場合は、アレルギーを引き起こす原材料が含まれていないキャットフードを選ぶようにしてください。

これらに注意すれば、猫にとってかつおは豊富はたんぱく源になります。食べたそうに見ていたら、与えてあげましょう。

人間と同様、猫にとっても骨や歯の健康にはカルシウムが不可欠です。また、神経伝達にも影響があるため、心臓や体の筋肉運動にも大事な役割を果たします。不足することで、骨の発育不全や歩行障害などの症状がみられることもあります。カルシウムはしらすや煮干しなどの小魚に多く含まれ、特に乾物系の魚が体に良いとされています。しかし、乾物系は塩分が多すぎることから、たくさん食べると下痢や嘔吐の原因となったり、病気につながることもあります。猫に煮干しなどの小魚を与えるときには、人間用のものではなく、ペット用のものをあげるようにしましょう。出来れば水で塩抜きをしてから与えると安心です。また、毎日あげるのではなく、週に1回2~3本にとどめておくと良いでしょう。

もしかつおぶしを食べさせてあげる場合には、猫用かつ減塩処理がされているかつおぶしを与えてあげましょう。人間用はあくまで人間用です。体のつくりが大きくことなる猫に食べさせるのはリスクが高くなります。

レバーやハツなどは鉄分やビタミンが豊富で与えたくなってしまうところですが、内臓は寄生虫がいる可能性が高く、また、食中毒の危険性が高い部位です。 日本では、生肉の内臓部分は、基本的に加熱調理して摂取することを前提にして販売されています。 人間用でも、生食で提供することは禁止されている部位ですので、犬猫にも内臓を生で与えるのは避けた方が良いでしょう。

スイカや梨・メロン・いちごなど、猫はフルーツも口にします。多くの果物は、水分を豊富に含んでいるため、水分摂取の手段としても効果的です。ただし、フルーツを与える際にも注意点があります。また、猫には甘味を感じるセンサーはついていないため、人間と同じようにフルーツを味わえているわけではないようです。

キャットフードの材料になるほど、マグロには猫に必要な栄養素が含まれています。タンパク質やタウリンなど猫にとって有効な成分を含んでいるので、猫にマグロを与えることはメリットがあります。

日本は海に囲まれていることもあって、昔から猫の食べ物は魚というイメージが固定してきました。日本以外の国でも、海沿いの地域などは、やはり猫に魚を与えていることが多いです。ですが、猫は本来肉食なので、魚だけを与えていると病気の原因となります。

猫に人間用のかつおぶしを多量に食べさせるのはNG!その理由は?猫とかつおぶしの関係は深いものです。実際に多くの猫はかつおぶしが好きで、料理中に匂いをかぎつけた愛猫が寄ってくることもありますよね。しかし、猫に「人間用」のかつおぶしを食べさせることは控えたほういいのをご存知でしょうか。その理由を解説します。

魚と猫猫には「生の刺身」より「加熱した焼き魚」がおすすめの理由を解説猫には「生の刺身」よりも「加熱した焼き魚や茹でた魚」の方がおすすめです。猫にマグロやカツオの刺身をたくさん食べさせている場合は、注意してください。本記事では、なぜ「加熱した魚」の方が良いのかを解説しています。

はたして、愛犬愛猫に生のお肉を与えても害はないのでしょうか? ここでは生肉を与えるメリットとデメリットについて、掘り下げてみます。

毎日魚だけというご家庭は少ないでしょうが、生魚を頻繁に与えるのは、猫にとって良くない結果になることがあります。我が家の猫たちもそうですが、お肉も好きですが魚も好きで、調理しているとわらわらと寄ってきます(笑)。少量与えた時の食いつきは、ハンパではありません。猫と生魚は、どのようにつき合わせれば良いのでしょうか?

上の項目でも述べた通り、猫に最も必要なのはタンパク質と脂質です。肉類にはこれらが豊富に含まれているので、効率的な栄養補給を考えて肉類が原材料の1番目にきているキャットフードが望ましいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました