猫は『頼み事』をしたいとき、どんなサインを見せるのか?(ねこのきもち WEB MAGAZINE)

アフィリエイト
猫は『頼み事』をしたいとき、どんなサインを見せるのか?(ねこのきもち WEB MAGAZINE)
猫は飼い主さんに頼み事をしたいときに、しぐさや行動で知らせるようです。
[紹介元] ねこのきもち WEB MAGAZINE – Yahoo!ニュース 猫は『頼み事』をしたいとき、どんなサインを見せるのか?(ねこのきもち WEB MAGAZINE)

「猫は体臭があまりなく においが気になるのはトイレぐらい

なお、トイレを置く場所は、部屋の隅でも、なるべく目に入る場所がオススメとのこと。猫は膀胱炎などおしっこにまつわる病気が多く、おしっこの量や回数のチェックが早期発見のカギになるからだそうです。

「猫は体臭があまりなく、においが気になるのはトイレぐらい。避妊や去勢後はおしっこのにおいは軽減されますが、去勢していない雄のおしっこは結構臭います。頻繁に猫砂を交換する、トイレ掃除をする、消臭効果の高い猫砂を使うなどがにおい対策になります」

「猫は爪とぎをするので、壁やフローリング、家具にキズがついてしまいがち。ソファがぼろぼろになってしまうことも多いです」

してほしくない場所での爪とぎを、どうしてもやめてくれない場合は、爪にキャップをするのも1つの方法です。爪とぎ行動はしますが、キャップをしているため、壁や家具がボロボロになるのは防げます。物を身に着けることを嫌がる猫は多いので、最終手段と考えましょう。また、ネイルキャップは1ヵ月くらいで取れてしまうので、再装着する必要があります。

1. 猫はマンション暮らしに向いている?

猫は馴染みのない環境に置かれると落ち着きを失いがちですが、この実験からは多くの猫が飼い主としっかり結びついており、慣れない状況でも飼い主を“安全な基地”と見なしていることがわかります。猫にとって引っ越しなどの環境の変化は良くないといわれますが、飼い主との絆がストレス軽減に効果的なようです。

気ままで単独行動が好きな猫は、長期間留守番をさせても大丈夫と思われがちですが、基本はあまりひとりにさせないのが理想です。中にはひとりぼっちにされたことを根に持ち、帰ったあともなかなか心を開いてくれない猫もいます。猫それぞれの性格に合わせて、留守番の時間も見極めるようにしましょう。

猫は家につくと言われるように、住み慣れた環境にいられることで安心感を覚えます。留守番させたくないからといって慣れない場所に預けると、ストレスを感じてしまう猫は少なくありません。そこで、ペットシッターさんに依頼して居心地のいい家でお世話をしてもらうようにすると、猫の精神的な負担を軽くすることができます。

参考文献はこちら:「飼い主の人間関係気にしない?」「猫は薄情ってホント?」「猫も音楽を聴くとリラックスするの?」

といでほしくない壁に貼って使用します。猫は、高い所に体を伸ばして爪とぎするのが大好きなので、猫の体長ぐらいの高さまで貼るようにしましょう。保護シートは大きく2種類に分かれ、「とがせないタイプ」「あえてとがせるタイプ」があります。とがせないタイプは、つるつるの透明シートがほとんど。爪とぎには不向きな素材のため、猫が「ここでしたい」と思わなくなります。とがせないタイプは、ダンボールや木など、猫が爪とぎ場所に好む素材で作られています。といでも壁は傷つかないので安心ですよ。

「例えば、子どもがまだ乳幼児のころに、同じように生まれて間もない猫を飼い始めたとすると、ほとんどの猫は、子どもが成人する前に亡くなります。つまり、子どもは猫と一緒に成長し、思春期には自分を癒やしてくれた相棒の死を目の当たりにするわけです。その間の経験によって、子どもは感情を素直にあらわせるようになったり、豊かな感性を育んだりできるのです。ちなみに私の子どもも同じような経験をしており、愛猫の最期を看取りました。子どもは生命の尊さを実感したようです」

人間にとって音楽鑑賞はリラックス法の一つですが、猫はどうでしょう?アメリカの大学ではさまざまな猫用の音楽を作曲し、猫がどんな反応を示すか調査する実験が行われました。作曲にあたって採用されたのは、猫がゴロゴロと喉を鳴らすテンポや、仔猫が母猫のお乳を吸うテンポ。また猫本来の発声に注目して、人間の音楽より1オクターブ高い周波数レンジに合わせたそうです。

「猫は全身毛に覆われ、からだから汗をかいて体温を下げられないので暑さに弱く、特に夏は冷房のための電気代がかさみます。飼い主が出かけるときは猫が脱出しないように窓を全部閉めて密室にするので、24時間冷房をつけっぱなしの人が多いです」

コメント

タイトルとURLをコピーしました