愛猫が頭を強打した! 『平気そうだから様子見』が危険なワケ(ねこのきもち WEB MAGAZINE)

アフィリエイト
愛猫が頭を強打した! 『平気そうだから様子見』が危険なワケ(ねこのきもち WEB MAGAZINE)
なんらかの拍子で、猫が家具などに頭をぶつけてしまうことがあるかもしれません。
[紹介元] ねこのきもち WEB MAGAZINE – Yahoo!ニュース 愛猫が頭を強打した! 『平気そうだから様子見』が危険なワケ(ねこのきもち WEB MAGAZINE)

愛猫が頭を強打した 平気そうだから様子見 が危険なワケ

便の回数は、1日1~3回なら正常ですが、固体差があるので、普段の健康な状態の排便回数を把握しておきましょう。そして、便の回数が減ったら、他の異常がないか、気をつけて愛猫をよく観察してください。また、便秘だからといって、自己判断で浣腸するのは危険です。排尿障害の場合もあるので、必ず獣医師の指示にしたがってください。猫では巨大結腸症がよく発生します。原因は不明なことも多いのですが、食事療法、薬物療法、外科治療などが必要となりますので、獣医師とよく相談をしてください。

雌猫は6カ月頃(早い場合は4カ月)から発情期を迎えます。それ以降、年2回程度の発情期があると考えられていますが、室内飼いの雌猫は一年中発情期であることもよくあります。交尾がないと、1カ月間隔で何度も発情を繰り返し、夜中に異様な声で鳴くことが繰り返されます。近所迷惑になる住宅環境や、生まれた子猫を責任持って飼えないのなら、愛猫のストレスを減らすことにもなると考えて、避妊を検討してください。

猫と暮らすことの幸福感は、いろいろな面で活力にもなってくれるでしょう。猫がいるおかげで一人のときより感情表現が豊かになったり、明るく活動的になったという人もいるでしょうし、「早く帰って愛猫とゴロゴロしたい」という気持ちから、仕事をバリバリこなせるようになった、という飼い主さんもいるかもしれませんね。

日ごろからブラッシングをして冬毛を取り除いておくと、通気性がよくなり、熱が逃げやすくなります。特に長毛種は毎日のお手入れが欠かせません。ブラッシングは猫との大切なコミュニケーションの1つです。愛猫との絆を深めるためにも積極的に行いましょう。

猫は通常、自分の手や口を使ってグルーミング(毛づくろい)をします。被毛についた汚れを落とし、ザラザラした舌で毛をブラッシングして、キレイに保つようにしているのです。しかし、毛づやが悪い、毛玉が多い、顔が汚れているといった場合は、そのグルーミングがきちんとできていないことが考えられます。グルーミングは猫の健康のバロメーターの一種です。グルーミングをしていないようであれば体調が悪い可能性がありますので、要注意です。グルーミングができない原因としては、口内炎など、口腔内の異常の可能性も考えられます ( 口「ニオイ、歯石」・ 口「よだれ」を参照してください)。その他、新しいシャンプーなどを使い、毛づやが悪くなった場合は、愛猫の被毛にその製品が合わないことも考えられます。

吐いた後、ケロリとして食欲があり、症状が一過性のときは大きな問題ではない可能性が高いので、猫の様子をよく観察してください。獣医師の診察を受ける場合も、吐いた時間・食事との関連性・回数・吐物の内容・愛猫の状態・その他の症状の有無などをきちんと伝えることが、診断の大切な手掛かりになります。また、元気も食欲もあるけれど、食べてすぐに吐く、頑固な嘔吐が続く場合は、胃の中に異物が入っている可能性があります。元気にしていても至急動物病院で診てもらいましょう。

「〈 アニコム獣医師監修 〉猫との暮らし大百科」は、愛猫との健やかな暮らしをサポートする猫情報サイトです。猫の種類ごとの特徴や飼い方、愛猫を健やかに育てるための食べ物やお手入れ、知っておきたい猫の心や病気に関する情報を獣医師監修でお届けします。

肥満の場合、脚に負担がかかり、運動を嫌がったり、疲れやすいといった症状がでるようです。何らか気になる症状があり、動物病院の診察を受ける場合は、急性症状なのか、徐々に進行してきたものなのかが診断には重要になるので、日頃から愛猫をよく観察してあげてください。また、8歳頃からは、少なくとも年1回の健康診断を受けさせてあげましょう。

重症化すると命を落とす危険もある猫の熱中症。大切な愛猫が熱中症にならないためにも、飼い主さんはしっかりと対策をしましょう。暖かくなってきたら要注意です。もし、様子が変だと思ったら、まずは落ち着いて猫の体を冷やし、すぐに動物病院を受診してください。

普段は触っていても平気なのに、ある日突然、その場所を触ると逃げたり、怒るなど、嫌がるしぐさや、いつもと違う反応を見せたのなら、その場所に痛みがあるかもれしません。まずは、外傷や腫れなどがないか確認しましょう。目に見えない場合でも、打撲や骨折、脱臼などや関節炎、さらに内臓の病気も疑われます。特に背中を丸めて、じっとしていることが多い場合は、背骨や腹腔内に痛みがある可能性が高いので、速やかに動物病院で診察を受けましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました