何かを伝えていた? 猫が飼い主の『足の間』を通るときに思っていること|獣医師解説(ねこのきもち WEB MAGAZINE)

アフィリエイト
何かを伝えていた? 猫が飼い主の『足の間』を通るときに思っていること|獣医師解説(ねこのきもち WEB MAGAZINE)
飼い主さんが立っているとき、愛猫が足の間を通り抜けることがありませんか?  顔をスリスリしながら通り抜けることもあって、キュンとしてしまう飼い主さんもいるはず。
[紹介元] ねこのきもち WEB MAGAZINE – Yahoo!ニュース 何かを伝えていた? 猫が飼い主の『足の間』を通るときに思っていること|獣医師解説(ねこのきもち WEB MAGAZINE)

何かを伝えていた 猫が飼い主の 足の間

ちなみに、野良猫があとをついてくる場合は、ごはんをもらえると思っている場合がほとんどです。人にごはんをもらった経験のある野良猫は警戒心も少なく、おなかを満たしたいという生存本能で人についていきます。

猫は腎不全になりやすい動物です。腎臓内のネフロンという機能が壊れて、腎臓の機能が低下する疾患で、多飲多尿になって段々と痩せてきます。急性腎不全の場合、中毒や尿路閉塞、腎盂腎炎などが原因で年齢を問わず発生する事が多いのですが、慢性腎不全の場合は10歳以上の高齢猫がなりやすい病気です。主に触診やレントゲン検査で腎臓の大きさをしらべ、血液検査や尿検査で診断します。

甘えたような行動にも見えますが、本当はどんな理由があるのでしょうか? 猫が飼い主のあとをついてくる理由と、その心理について詳しく解説します。

コロナが落ち着いたら、触れ合いイベントなども開催したく、人もペットも互いの存在を身近に感じながらのびのびと過ごせる、開放的な空間づくりを引き続きしていきたいと思っています。今回のチャリティーは、保護犬猫がのびのびと安心・安全に過ごせるエリア拡大・整備のための資金として活用させていただく予定です。

せっかくの愛情表現ではありますが、噛み癖のしつけをする、手足の代わりにおもちゃを使って遊ばせるなど、適切な方法で対処するのがベストです。成犬になってからではなかなか直らないケースも多いため、しつけは子犬のうちに済ませるようにしましょう。

仕事が終わって家に帰るとおなかをすかせた猫が後追いしてくる、といった行動が見られることも。

この猫のオシッコのニオイ、迷惑千万なのは飼い主のみならず、猫嫌いの要因の1つになっているようですね。庭にノラ猫が入ってきて、強烈な臭いのオシッコをされたら、そりゃあ、悲しいでしょう。ついカッときてしまうのも無理はないですね。

腎不全猫は腎不全になりやすい動物です。腎臓内のネフロンという機能が壊れて、腎臓の機能が低下する疾患で、多飲多尿になって段々と痩せてきます。急性腎不全の場合、中毒や尿路閉塞、腎盂腎炎などが原因で年齢を問わず発生する事が多いのですが、慢性腎不全の場合は10歳以上の高齢猫がなりやすい病気です。主に触診やレントゲン検査で腎臓の大きさをしらべ、血液検査や尿検査で診断します。甲状腺機能亢進症一見、とても元気なのに痩せてきたという猫に多いのが、甲状腺機能亢進症です。甲状腺からチロキシンというホルモンが過剰に分泌される事で発症します。これも、10歳以上の高齢猫に見られる事が多く、多飲多尿があり食欲はあるのに痩せていく、鳴き声が大きくなるといった変化もあります。甲状腺ホルモン検査をすることによって診断されます。

飼い主の姿が見えなって心細くなった猫が、部屋中を鳴きながら探し回っていた……なんてこともあります。

座っていると足の間に強引に入ってくる子もいますね。もともと群れで暮らしていた犬は、信頼できる人のそばにいることで安心感を得ようとします。あなたが愛犬にとって、信頼できる相手だからこそ見せてくれるしぐさです。

猫が「ニャー、ニャー」と鳴きながらついてくるときは、「おなかがすいたよ! ごはんまだかな?」と思っていることもあります。

猫がふみふみしているときは、基本的には何もせずに見守ってあげましょう。ふみふみの最中はやや無防備になっている猫が多く、いつもなら気にしないような少しの刺激でも驚かせてしまうことも。急に触ったり、近くで物音を立てたりなどの行動はしないほうがよいでしょう。

猫が粗相をしやすい布団、それは羽毛布団です。筆者は動物愛護の観点からも羽毛布団は使用しませんので直接の経験はありませんが、猫を譲渡したお宅で布団に粗相をされてしまったという相談を何度か受けました。その際に里親さんが使用していた布団がいずれも羽毛布団でした。

猫が布団にオシッコをする理由としては、ふかふかした感触がトイレ砂に似ている、オシッコが染み込むので足が濡れない、暖かくて気持ちいいから尿意を催す、などが考えられます。

何かあった時に「自分はこう思ってやっているけど、犬はもしかすると嫌がっているんじゃないか、相手のことを正しく理解できていないんじゃないか」と、一人よがりにならず、パートナーとしての姿勢、犬の言葉を正しく理解しようとする姿勢はとても大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました