大谷翔平は“史上最高年俸”をゲットできるのか? 難解な二刀流の査定を考察〈dot.〉(AERA dot.)

アフィリエイト
大谷翔平は“史上最高年俸”をゲットできるのか? 難解な二刀流の査定を考察〈dot.〉(AERA dot.)
今オフのメジャーリーグはロックアウトの影響で12月から移籍市場がストップ。
[紹介元] AERA dot. – Yahoo!ニュース 大谷翔平は“史上最高年俸”をゲットできるのか? 難解な二刀流の査定を考察〈dot.〉(AERA dot.)

大谷翔平は史上最高年俸をゲットできるのか 難解な二刀流の査定を考察dot AERA

トレンド日本発の生ごみ処理技術が、インドネシアの街を変えた災害時に必要なメンタルケアは?東日本大震災を教訓に支援体制を整備海外赴任の「あるある」トラブル。回避の秘訣は事前準備にあり!【マネーガイド】アンケート回答で「国産和牛カタログギフト」が当たる!親も受験について分からないことだらけ!座談会で見えてきた悩みとは忙しい現代人の疲れを撃退!リポビタンブランドから錠剤タイプが登場!アンケートに答えると、抽選で10名様に商品券1万円分をプレゼント!メルマガの登録はこちら独自の視点の最新ニュースをお届け!登録AERA dot.をフォロー話題のニュースで世の中を一緒に考えていきませんか?

では次に、大谷の比較対象となり得る打者の契約を探してみよう。大谷は新契約をスタートさせる可能性が高い24年シーズンに30歳となる。この年齢と過去の実績を考慮すると、クリスチャン・イエリチ外野手(現ブルワーズ)の契約はどうだろうか。前へ123次へ1/3ページ【関連記事】【写真】美しい筋肉、私服ファッション、着物姿まで…大谷翔平お宝写真ギャラリーはこちら「年俸アップで何買う?」新庄剛志とイチローは“対照的”大谷翔平は“らしい”回答〈dot.〉大谷翔平、エンゼルス低迷続けばトレード? 状況次第ではFA前の“破格オファー” も〈dot.〉「なぜ、サッカー界に大谷翔平級の選手がいないのか?」セルジオ越後が語る意外な理由〈dot.〉「2億円」が「400万円」に急降下も…球史に残る“大減俸”の憂き目にあった男たち〈dot.〉最終更新:1/10(月) 18:00AERA dot.

打者専念の大谷が年俸4700万ドルに見合う働きをすれば問題にはならないが、さすがにそれでも「払い過ぎだ」とする声を抑えるのは難しいだろう。大谷とて人間。30代後半になる10年後も現在と同じ活躍ができる保証はどこにもない。むしろ衰えると見るのが自然だ。現に前述のイエリチは大型契約後の20年から成績が急落。早くも不良債権化を心配する声が上がっている。

【写真】“驚くほど美しい妻”と米で話題になったマー君の奥様はこちら(他8枚) ただしロックアウト以前にはマックス・シャーザー投手がメッツと3年総額1億3000万ドル(約150億6000万円)、コーリー・シーガー遊撃手がレンジャーズと10年3億2500万ドル(約376億6000万円)の大型契約を結んだ。また昨季終盤には大谷翔平選手がエンゼルスからの“移籍希望”ともとれる発言をしたことを発端に、その去就を巡ってさまざまな予想が飛びかった。

将来のリスクを回避する手段としては、実際に残した成績に応じて払う出来高ボーナスの割合を多くする手もあるが、大谷がそこまで譲歩する理由も存在しないだろう。

もちろんこれは、先に断ったように机上の空論でしかない。やはり大谷の評価を難しくしているのは、負担の大きい二刀流を何歳まで続けられるのか全く予想できないことにある。仮に長期契約の途中で打者に専念することになったとすれば、投手としての大谷に支払う年俸は完全に無駄になってしまう。

Zoom会議で発言すると飼い犬が吠え…コロナで変わった愛犬の日常〈週刊朝日〉(AERA dot.)1食分の餅、何個食べていますか?

一方、「投手・大谷」の評価は難しい。21年の投球内容を見れば投手に専念すればタイトルも狙える能力があるのは確実だが、二刀流ゆえにそのポテンシャルをフルに発揮するのは難しいからだ。30歳前後で年間20試合前後に先発してそれなりの成績が期待できるとなると、相場としては年俸1000万ドル(約11億6000万円)から1200万ドル(約13億9000万円)くらいが妥当だろうか。

つまり、大谷は「本塁打王が狙えるスラッガーに、シーズン10勝も狙える投手という付加価値が付いた選手」と見たほうが実情に近いと思われる。

大谷を評価するうえで基準となるのは、やはり「打者・大谷」だろう。投打の二刀流とはいえ、中4日での先発をしないのならば年間先発数は21年の23試合前後が限度となる。この時点で、30試合以上に先発してサイ・ヤング賞や最多勝などのタイトルを争うシャーザーのようなスーパーエースとは比較にならない。

ただしロックアウト以前にはマックス・シャーザー投手がメッツと3年総額1億3000万ドル(約150億6000万円)、コーリー・シーガー遊撃手がレンジャーズと10年3億2500万ドル(約376億6000万円)の大型契約を結んだ。また昨季終盤には大谷翔平選手がエンゼルスからの“移籍希望”ともとれる発言をしたことを発端に、その去就を巡ってさまざまな予想が飛びかった。

AERA dot.

また、先にエース級とは比較にならないとは書いたものの、もし「投手・大谷」を年間30試合に先発する投手たちと同等の評価をしたらどうなるか。今年31歳となる21年のサイ・ヤング賞投手ロビー・レイが今オフにマリナーズと結んだ5年1億1500万ドル(約133憶3000万円)に匹敵する年俸を与えるとすれば、投手としても平均年俸は2300万ドル(約26億7000万円)。投打合計で年俸4700万ドル(約54億5000万円)にも達する計算になる。これは現時点で史上最高額となるシャーザーの平均年俸4300万ドル(約49億8000万円)をも上回る途方もない金額だ。

以上の「打者・大谷」と「投手・大谷」の契約を単純に合算すれば、その年俸は3400万ドル(約39億4000万円)から3600万ドル(約41億7000万円)という結果になる。これはエンゼルスの至宝、マイク・トラウト外野手が19年3月に結んだ12年4億2650万ドル(約494億2000万円)、1年平均3550万ドル(約41億1000万円)と同等の年俸額だ。

大谷翔平は“史上最高年俸”をゲットできるのか? 難解な二刀流の査定を考察〈dot.〉1/10(月) 18:00配信47エンゼルスの大谷翔平 今オフのメジャーリーグはロックアウトの影響で12月から移籍市場がストップ。日本からポスティングシステムによるメジャー移籍を目指す鈴木誠也外野手ら多くの大物選手の去就に影響が出ている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました