「鎌倉殿の13人」主演・小栗旬が語った「陰謀が渦巻いていた世界があって今がある」の真意〈dot.〉(AERA dot.)

アフィリエイト
「鎌倉殿の13人」主演・小栗旬が語った「陰謀が渦巻いていた世界があって今がある」の真意〈dot.〉(AERA dot.)
数々の映像作品や舞台で活躍され「天地人」の石田三成役をはじめ「八重の桜」(吉田松陰役)や「西郷どん」(坂本龍馬役)などNHK大河ドラマでの熱演も記憶に新しい小栗旬さん。
[紹介元] AERA dot. – Yahoo!ニュース 「鎌倉殿の13人」主演・小栗旬が語った「陰謀が渦巻いていた世界があって今がある」の真意〈dot.〉(AERA dot.)

「鎌倉殿の13人」には「真田丸」出演者が多数集結

三谷幸喜さんが脚本を手掛け、小栗旬さんが北条義時役で主演を務める2022年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で畠山重忠を演じることが決まった中川大志さんがコメントを発表。同じ三谷さん脚本で2016年に放送された「真田丸」の豊臣秀頼役以来の大河ドラマで、「畠山重忠と名前を聞いてもあまりピンとこず、なじみのない武将だったので、初めて知ることばかりで、楽しく勉強しています。知勇兼備で武士の鑑(かがみ)とも呼ばれた男ということで、大河ドラマであまり戦に参加したことのない僕は、ようやく戦えるのか!とワクワクしています。そのあたりの準備もしっかりとしていきたいです」と意気込んだ。 中川さんは、同じ三谷さん脚本で2016年に放送された「真田丸」に続く、大河ドラマで、演じる畠山重忠は鎌倉幕府の若手御家人筆頭となる。 「真田丸」以前にも「江~姫たちの戦国」(2011年)、「平清盛」(2012年)といった大河ドラマに出演し、「大河ドラマという場所に、初めて立たせていただいたのは中学1年生のときでした。着物を着て、カツラをかぶり、スタジオに初めて入ったときの緊張、匂い、温度、今でも鮮明に思い出せます。それからたくさんの、忘れられない特別な瞬間を大河ドラマという世界の中で過ごさせていただきました。俳優としての僕の血となり肉となり、何より骨になっていると思います」と語る。 さらに「『真田丸』を終えた後に、現場ではほとんどお会いできなかった三谷さんと、少しだけお電話でお話する機会があり、その時に『またいつかご一緒したいです』と思いを伝えさせていただき、自分自身も、また戻ってきたい、そのためにもっと大きくなろうと、決意しました。三谷さんの作品で、大河ドラマにまた立てること、何よりうれしいです。身が引き締まります」と気持ちを新たにしていた。

三谷幸喜さんが脚本を手掛け、小栗旬さんが北条義時役で主演を務める2022年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の新キャストが、公式ツイッターで11月16日に発表され、歌舞伎俳優の片岡愛之助さんが北条宗時役で出演することが明らかになった。

三谷幸喜さんが脚本を手掛け、小栗旬さんが北条義時役で主演を務める2022年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で源義経を演じることが決まった菅田将暉さんがコメントを発表。義経について「『悲劇の武将』と言われ、ドラマチックに描かれることが多い人物ではあるけれど、意外と創作されているエピソードも多く実体がよく分からないところが演じる上では興味深いと思っています。いつも歴史上の人物や実在の方を演じるときに心がけているのは、“血の通わせ方”“きれいごとで終わらせない”ということ。特に義経はきれいなイメージがあるので、生々しく、義経は生きていたんだと僕自身も実感しながら演じていきたいです」と意義込んだ。 また、「三谷作品への出演は初めてになります。ヒーローをそのまんまヒーローとしては描かず、より人間くさくダメな部分にも愛情を持って描かれる印象があるので、どんな義経が描かれるのか、楽しみです」と期待した。 主演の小栗さんとは6度目の共演で、「一小栗旬ファンとして、小栗さんが大河ドラマの主演をされることが純粋に楽しみです。公私共にお世話になっている先輩で、僕が知る限りでは一番頼もしいリーダーだと思います。そして誰よりも嫉妬をする方で、若手やベテラン関係なく良い物は良いと言ってくださる方。そういう方が先頭に立ってくれるのはとても刺激的ですし、自分も頑張っているところを見せたいなと思います。熱く大事な時間になりそうです」と心を躍らせていた。

ドラマといわれるものの、すべての要素が入っている『鎌倉殿の13人』を楽しんでいただければと思います。

三谷幸喜さんが脚本を手掛け、小栗旬さんが主演を務める2022年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」のロケの模様が7月20日、公開された。公開された写真には主人公・北条義時(小栗さん)ら北条勢が伊豆の平家方の館に攻め入るシーンや、挙兵した源頼朝(大泉洋さん)の軍が、父・義朝の拠点だった鎌倉に入る姿が収められている。撮影は、北条家ゆかりの地・伊豆の国市のオープンセットを中心に、沼津市や裾野市、富士宮市など静岡県の各地で収録しているという。 小栗さんは撮影について、「順調に進んでいて、物語のオープニングのほうの大事なシーンもいい感じに撮れたと思います。やはり外に出てくるとスタジオとはまったく違う気持ちよさがあります。すぐ近くに北条ゆかりの地があるという、すごくいい場所にオープンセットを建てていただき、いろいろ当時のことを想像しやすい、タイムスリップしたような気分で撮影できるのでとても助かっています」とコメント。 続けて、「ロケなので戦のシーンも多く、今まで出演した大河ドラマの中で、今回が一番戦っているかもしれません。殺陣については、平安時代末期から鎌倉時代ということで、技術がどうこうというよりも、荒っぽく、坂東武者の荒々しさのようなものをテーマに演じているので、そこの部分はうまく出せていっているのではないかと思います」と語った。

このニュースの流れをチェック1. 【鎌倉殿の13人】ついに第1話放送 “北条義時”小栗旬「ドキドキソワソワしています」 2. 【鎌倉殿の13人】大泉洋、小栗旬&小池栄子ら“北条ファミリー”に苦言「大泉洋への敬いはゼロ」

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」はコメディ-要素が強め? 小栗旬「三谷さんの脚本は、ここにもう一個、笑いの要素を入れてくるんだ、みたいなことが結構ある」

2022年に放送されるNHKの大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の公式ツイッターが11月6日、開設された。ドラマは三谷幸喜さんが脚本を手掛け、俳優の小栗旬さんが北条義時役で主演を務める。 2004年の「新選組!」、2016年の「真田丸」に続き3度目の大河ドラマとなる、三谷さんが贈る予測不能のエンタテインメント作。源頼朝にすべてを学び、武士の世を盤石にした男、鎌倉幕府の二代執権・北条義時が主人公。野心とは無縁だった若者は、いかにして武士の頂点に上り詰めたのかを描く。 ツイッターの最初の投稿は画像付きで「1116~1120」と謎の数字も記されている。

<鎌倉殿の13人>舞台の地に“北条ファミリー”集合!小栗旬「頼朝が嫌な奴なんですよ」“頼朝外し”に大泉洋が物申す!

三谷幸喜さんが脚本を手掛け、小栗旬さんが北条義時役で主演を務める2022年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で、文覚を演じることが決まった市川猿之助さんがコメントを発表。猿之助さんは、2010年放送の「龍馬伝」以来12年ぶりの大河ドラマ出演で、「このたび、三谷幸喜先生のお声がけにより、『龍馬伝』以来、約10年ぶりに大河ドラマに出演させていただけることになり、役者としてこのような喜びはございません」と感謝を語った。 文覚は「頼朝にあやしく迫る謎の僧」で、猿之助さんは「役として特に思い入れはございませんが、いただいたお仕事として精いっぱい務めさせていただきます」と意気込みを語った。

三谷幸喜さんが脚本を手掛け、小栗旬さんが北条義時役で主演を務める2022年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の新キャストが、公式ツイッターで11月17日に発表され、俳優の中川大志さんが畠山重忠役で出演することが明らかになった。 中川さんは、同じ三谷さん脚本で2016年に放送された「真田丸」に続く、大河ドラマ出演。演じる畠山重忠は鎌倉幕府の若手御家人筆頭となる。

NEWS2021/12/17大河ドラマ「鎌倉殿の13人」はコメディ-要素が強め? 小栗旬「三谷さんの脚本は、ここにもう一個、笑いの要素を入れてくるんだ、みたいなことが結構ある」

アルではあるまじきことをリアルにする、私の女優人生の中で印象に残るシーンの一つです」と振り返った。 「鎌倉殿の13人」には「真田丸」出演者が多数集結。「素晴らしい役者さんがたくさん出演されるので、今から楽しみです」といい、「『真田丸』でご一緒した大泉洋さんは、当時白いチョコレートが好きと私が言ったら、北海道に行く度にチョコレートを買ってきてくれました。またもらえるのかしら?」と期待していた。

三谷幸喜さんが脚本を手掛け、小栗旬さんが北条義時役で主演を務める2022年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で平宗盛を演じることが決まった小泉孝太郎さんがコメントを発表。小泉さんは「三谷さんの作品は今回が初めてなのでとても楽しみです」と声を弾ませ、「主演の小栗君とは、天地人以来の共演ですし、(宗盛の父の)清盛を演じられる松平健さんとは、(2005年の大河ドラマ)『義経』のときにお会いしておりますが、お芝居では今回初めてなので、父と子の関係性でご一緒出来ることをとてもうれしく思います」と語った。 また小泉さんは「僕が初めて大河ドラマにオファーをいただいた作品が『義経』でした。その時平宗盛は鶴見辰吾さんが演じられていました。偉大な清盛の後継者である、宗盛。二代目の苦悩、そして父親として家族への純粋な愛情を持っている宗盛の姿が印象的でした。宗盛は弱々しいイメージがある人物として描かれることが多いですが、今回の『鎌倉殿の13人』では、三谷さんにどのように描かれるのかとても楽しみにしております」と期待を寄せた。

1月9日、2022年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」がNHKで放送開始となる。「新選組!」(04)「真田丸」(16)を手掛けた三谷幸喜のオリジナル脚本の下、源平合戦から鎌倉幕府誕生に至る時代を背景に、幕府の最高権力者に上り詰めた2代執権・北条義時の生涯を描く物語だ。ちょうど2年前、本作の制作が発表され、「主演・小栗旬」が明らかになったとき、「ついに来たか!」という期待で、胸が高鳴ったことを今も覚えている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました