愛猫が口まわりを気にする場合は要注意!猫の「口内炎」(ねこのきもち WEB MAGAZINE)

アフィリエイト
愛猫が口まわりを気にする場合は要注意!猫の「口内炎」(ねこのきもち WEB MAGAZINE)
猫も人と同じように「口内炎」になることがあります。
[紹介元] ねこのきもち WEB MAGAZINE – Yahoo!ニュース 愛猫が口まわりを気にする場合は要注意!猫の「口内炎」(ねこのきもち WEB MAGAZINE)

愛猫が口まわりを気にする場合は要注意猫の 口内炎 ねこのきもち

初期には時々「食欲が低下する」、「熱が出て、だるそうな様子を示す」、「水を飲む量が増えたり減ったりして、それに応じて尿量が不安定になる」などの症状を示します。猫には良くあることですので、注意していても見逃してしまうことが多いです。病気が進行すると、初期症状に加えて「痩せてくる」、「目が落ち窪んだ顔貌」、「皮膚・被毛の張りがなくみすぼらしくなる」、「口内炎が出来て、口臭が強くなる」、「食べたものや胃液を吐く」、「ひどくのどが乾いて、飲水量が増える」、「尿量が増える」、反対に「尿が殆ど出なくなる」、「顔や体のむくみ」などの症状が目立ってきます。腎臓には赤血球の産生を促すホルモン(エリスロポエチン)を作る機能がありますので、腎不全の動物では「性質の悪い貧血」を合併します。末期には尿毒症症状としての「けいれん発作」、「意識がぼんやりする」などの神経症状が出てきます。また、腎臓組織の変化により、診察(触診)の時に、硬く、ごつごつと変形した腎臓を触れることもあります。診断はどうするの?:血液検査(腎機能検査)と尿検査によりおこないます。

肥満の場合、脚に負担がかかり、運動を嫌がったり、疲れやすいといった症状がでるようです。何らか気になる症状があり、動物病院の診察を受ける場合は、急性症状なのか、徐々に進行してきたものなのかが診断には重要になるので、日頃から愛猫をよく観察してあげてください。また、8歳頃からは、少なくとも年1回の健康診断を受けさせてあげましょう。

口内炎や歯周病の場合、クサイお口で体をなめると、体中が臭くなってしまいます。そんな時も状態をみながらシャンプーしてあげるとよいでしょう。

雌猫は6カ月頃(早い場合は4カ月)から発情期を迎えます。それ以降、年2回程度の発情期があると考えられていますが、室内飼いの雌猫は一年中発情期であることもよくあります。交尾がないと、1カ月間隔で何度も発情を繰り返し、夜中に異様な声で鳴くことが繰り返されます。近所迷惑になる住宅環境や、生まれた子猫を責任持って飼えないのなら、愛猫のストレスを減らすことにもなると考えて、避妊を検討してください。

便の回数は、1日1~3回なら正常ですが、固体差があるので、普段の健康な状態の排便回数を把握しておきましょう。そして、便の回数が減ったら、他の異常がないか、気をつけて愛猫をよく観察してください。また、便秘だからといって、自己判断で浣腸するのは危険です。排尿障害の場合もあるので、必ず獣医師の指示にしたがってください。猫では巨大結腸症がよく発生します。原因は不明なことも多いのですが、食事療法、薬物療法、外科治療などが必要となりますので、獣医師とよく相談をしてください。

この夏も愛犬・愛猫とおもいっきり楽しみましょう!

☆猫エイズに感染すると…病気への抵抗力が低くなります。口内炎ができ、食事ができなくなる程ひどくなる事もあります。

そのほか、猫自身の免疫力の低下や免疫異常、口内の細菌などによっても口内炎が引き起こされることがありますが、原因不明のことも多いため、獣医師にしっかり診てもらう必要があります。

猫白血病ウイルス(FeLV)は猫同士の食器の共有、お互いのグルーミングやじゃれあいなどで感染します。感染当初は一見健康そうに見えますが、ゆっくりと病気が進み、次第に元気がなくなり、免疫力の低下、口内炎、鼻炎、胃腸炎、病気が治りにくいなどの症状が現れ、リンパ腫や白血病などの致命的な病気を伴い、最後には死亡します。

猫は通常、自分の手や口を使ってグルーミング(毛づくろい)をします。被毛についた汚れを落とし、ザラザラした舌で毛をブラッシングして、キレイに保つようにしているのです。しかし、毛づやが悪い、毛玉が多い、顔が汚れているといった場合は、そのグルーミングがきちんとできていないことが考えられます。グルーミングは猫の健康のバロメーターの一種です。グルーミングをしていないようであれば体調が悪い可能性がありますので、要注意です。グルーミングができない原因としては、口内炎など、口腔内の異常の可能性も考えられます ( 口「ニオイ、歯石」・ 口「よだれ」を参照してください)。その他、新しいシャンプーなどを使い、毛づやが悪くなった場合は、愛猫の被毛にその製品が合わないことも考えられます。

口内炎は口の中の粘膜に強い炎症が起きる病気で、発症すると治るのに何年もかかる、もしくは生涯にわたって治らないケースもある、猫にとってはつらい病気です。

口内炎の治療は、対症療法を中心に行うのが一般的です。比較的症状が軽い場合は、口腔環境を清潔にした後、抗生剤や炎症・痛みを抑えるためのステロイド剤などを投与します。ウイルスを抑えるために、インターフェロンの投与や塗布を行うことも。

食欲は健康のバロメーター。食事を全くしない時は、なんらかの病気にかかっているかもしれません。他の症状がみられないかよく観察しましょう。匂いを嗅ぐだけで口に入れない場合は、口内炎や口を開くと痛みを感じる疾患、歯の痛みや、腫瘍などかもしれません。口を痛がり、よだれを垂らすなら、口腔内の異常のほか、鼻、喉の疾患、猫カリシウイルス感染症や猫伝染性鼻気管炎なども考えられます。外から帰ってきて食欲がないなら、交通事故などにあい下顎を骨折しているなどの外傷や、感染症などあらゆることが考えられます。もちろん、内臓障害なども考えられるので、獣医師の診察を受けてください。

猫も人と同じように「口内炎」になることがあります。しかし、猫の口内炎は人よりも激しい症状や痛みが引き起こされるうえ、生涯にわたって治らないケースもあるため注意が必要です。そこで今回は、猫の口内炎の原因や症状、治療法について解説します。

ペットラインは、愛犬や愛猫の食事であるペットフードを通じて、飼い主様に安心をお届します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました