抗議は絶対許さん! 選手に“恐れられた”伝説の審判、村田康一のハンパない威厳〈dot.〉(AERA dot.)

アフィリエイト
抗議は絶対許さん! 選手に“恐れられた”伝説の審判、村田康一のハンパない威厳〈dot.〉(AERA dot.)
プロ野球の珍プレーは、選手が主役になるパターンがほとんどだが、本来は脇役的立場の審判でありながら、「そこまでやる?」と思わず吹き出してしまうようなオーバーアクションと、「俺は村田だ!」(みのもんた氏。
[紹介元] AERA dot. – Yahoo!ニュース 抗議は絶対許さん! 選手に“恐れられた”伝説の審判、村田康一のハンパない威厳〈dot.〉(AERA dot.)

抗議は絶対許さん 選手に恐れられた伝説の審判 村田康一のハンパない威厳dot

亡き父が残した日之出食堂を母と一緒に支える味吉陽一のもとに、日本料理界の重鎮、味皇こと村田源二郎が訪れ、そこで陽一の作ったカツ丼に驚くことになる。味皇に招かれた陽一は、スパゲティ勝負がきっかけとなり、料理人達との美味しい味を求めた勝負に挑戦していくことになる。

回想録によれば、村田氏はジャッジをする際に、無意識のうちにアウトやセーフのコールを何度もする癖があったという。

すると、この行為にぶち切れた村田二塁塁審は、「こら、きさん、何をしよるか!」と怒りの形相で詰め寄ると、左手で山本の胸をバシッと突いた。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは家康本軍に随行し、本多忠勝と共に東軍の軍監に任命され、東軍指揮の中心的存在となった。同時に全国の諸大名を東軍につける工作を行い、直政の誘いや働きかけにより、京極高次、竹中重門、加藤貞泰、稲葉貞通、関一政、相良頼房、犬童頼兄らを西軍から東軍に取り込んだ。先陣が福島正則と決まっていたにもかかわらず、直政と松平忠吉の抜け駆けによって戦闘が開始されたとされているが、笠谷和比古によると実際は抜け駆け行為は霧の中での偶発的な遭遇戦という形をとっており、戦闘開始はそれに続く福島正則の宇喜多隊に向けた銃撃戦に求めるべきとされている。家康から諸将に七月七日付で出されている軍法の第四条で抜け駆けを厳禁している。そもそも合戦開始時においても、合戦後においても福島から井伊に対して何らの抗議めいた態度は示されておらず、井伊の開戦時における行為は、かなり抑制されたものであって、福島の名誉を傷つけないように配慮されたものと推測されている[11]。その後の直政と忠吉の行動に関しては、宇喜多秀家・小西行長の軍と戦った、敵中突破退却を図ろうとする島津義弘の軍と戦ったと言う2説があるが、最近では島津軍と戦ったという説が有力であるとされている。この戦いで義弘の甥である島津豊久を討ち取った。しかし、退却する島津軍を百余騎率いて猛追し、遂に義弘の目前まで迫り、いざ義弘討ち取りの命を下した際に、島津軍の柏木源藤が撃った銃弾が右肘関節(記述によっては右肩または左腕)に命中し落馬してしまう。あまりの猛追振りに護衛も兼ねる配下が追い付けず、単騎駆けのような状態であったという。

ところが、左翼側ブルペンで投球を受けていた村田捕手が、目の前に転がってきた打球を、インプレーと知らずに「えい、邪魔だ!」と後方に放り投げてしまったから、さあ大変。

無礼な態度に怒った村田球審は、ベンチに引き揚げる藤原満一塁コーチが目の前を通ると、有無を言わさず刷毛を手渡した。「ごめんな。村田さん」と謝りながら、素直にベースを掃き清める藤原コーチ。人柄の良さが伝わってくるような場面でもある。

カイロ大学卒業後はアラビア語の通訳として活動[5]。PLO議長アラファトやリビアのカダフィの会見では、コーディネーター兼インタビュアーを務めた[5]。1984年、東京大学に在籍していたトルコ人留学生ヌスレット・サンジャクリの抗議を受け、「トルコ風呂」の名称が「ソープランド」に改められた。小池はこの青年を当時から支援しており、本人も後日新聞報道でそれを認めている[9]。小池によれば、トルコ留学生の熱心な訴えを聞き、国家の尊厳を守るという「大義」に加えて、氏への個人的な共感の結果だったという[10]。

「審判を愚弄する行為だ」と息巻く村田塁審を前に、山本は明らかに自分に非があることなので、タジタジになるばかりだった。

稲尾の連勝記録は、13年に田中将大(楽天)に抜かれたが、村田氏は「正直言って、寂しかった」と回想している。

ところが、打球は後方のライン際に立っていた村田一塁塁審の右足を直撃すると、大きくバウンドし、セカンド・山崎裕之の前に転がった。

村田氏は二塁塁審を務めた第6戦でも、二塁のタッチプレーの際に山崎の落球を見落とし、一塁走者の平野にアウトを宣告。中日側の抗議で判定が覆ったものの、“石コロ事件”以来、自宅に怒ったファンから抗議の電話が相次ぎ、夫人が対応に苦慮したという。

故意妨害と見なした審判団はシングルヒットとして1死一、二塁で試合再開となったが、皮肉にも近鉄は0対1のサヨナラ負け。一方、西鉄は5回からリリーフした稲尾和久が勝ち投手となり、これがシーズン15連勝目。同年、プロ野球記録の20連勝を達成した稲尾はロッテ監督時代、審判になった村田氏と顔を合わせるたびに、「あの件があったからなあ」と感謝していたという。

出身は福岡県北九州市。1955年から近鉄の捕手として10年間プレーし、61年に正捕手になるなど、選手としても実績を残しているが、実は現役時代にも、57年9月11日の西鉄戦で、歴史的な珍プレーを演じている。

プロ野球の珍プレーは、選手が主役になるパターンがほとんどだが、本来は脇役的立場の審判でありながら、「そこまでやる?」と思わず吹き出してしまうようなオーバーアクションと、「俺は村田だ!」(みのもんた氏の吹き替え)のセリフがピッタリのこわもての言動で、圧倒的な存在感を放った“伝説の男”が、パ・リーグの審判部長を務めた村田康一氏だ。

現役引退後、近鉄の2軍マネージャーを経て、67年にパ・リーグの審判部に入局した村田氏は、80、81年と2年連続で優秀審判員賞を受賞するなど、輝かしい実績を積み上げていくが、翌82年の日本シリーズ、西武vs中日で、これまた球史に残る珍プレーの主役となる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました