Facebookがパーソナライズしたショッピング体験を実現するショップ広告とAI・AR分野のテクノロジーへ投資(ネットショップ担当者フォーラム)

アフィリエイト
Facebookがパーソナライズしたショッピング体験を実現するショップ広告とAI・AR分野のテクノロジーへ投資(ネットショップ担当者フォーラム)
Facebookは6月22日(米国時間)、コマース領域の取り組みとして、ショップ機能や広告ソリューションの拡充、充実したショッピング体験を将来的に実現するためのテクノロジーへの投資について発表した。
[紹介元] ネットショップ担当者フォーラム – Yahoo!ニュース Facebookがパーソナライズしたショッピング体験を実現するショップ広告とAI・AR分野のテクノロジーへ投資(ネットショップ担当者フォーラム)

Facebookがパーソナライズしたショッピング体験を実現するショップ広告とAI AR分野のテクノロジーへ投資 ネットショップ担当者フォーラム

Facebookは、AR(拡張現実)やAI(人工知能)などのイマーシブテクノロジー(没入型技術)が今後のオンラインでのショッピング体験の基盤になると予測。こうした技術への投資も進めている。

ネット活用でアナログ業務をデジタル化しませんか? 「BtoB-ECサイト」の構築法、コスト感...

現在はModifaceやPerfect Corp.と共同でビューティ業界のパートナー向けAPIを試験的に導入しており、商品をバーチャルで試すことができるよう、LancomeやLaura Mercier、Armaniなど330のビューティブランドがInstagram上のショップでAR体験を提供しています。今後はインテリアなど、ビューティ以外の業界にも提供を拡大していきたいと考えています。

多くの国で実店舗の営業が再開しつつありますが、オンラインショッピング利用者の3分の2は、自宅という快適な空間で商品をバーチャルで試着したいと回答*3しています。そこで、顧客が商品を購入する前に使用感を試すことができるよう、API連携を通じて、ARを活用した試着体験をビジネスがより簡単にショップ機能内で提供できるようにします。

実店舗歴62年、EC歴12年。とある新小岩の焼き鳥屋さんが長続きしている理由とは?【ネッ担ま...

オンラインへのシフトやソーシャルファーストなショッピング体験は一時的なトレンドではありません。世界の消費者の3人に1人が、パンデミックが収束しても店頭での滞在時間は減るだろうと回答しており、4分の3近くがFacebook、Instagram、Messenger、WhatsAppからショッピングのアイデアを得ていると回答*1しています。Facebook社では、ショップ機能へさらなる投資を行うことで経済回復を継続的に支援すると共に、2022年6月までの1年間、FacebookとInstagramのチェックアウト(決済)機能*2を利用している出品者への手数料を免除します。

株式会社インプレス データセンターを検索・見積「クラウド&データセンター完全ガイド」ソフトウェア開発エンジニアに「Think IT」ホームページとネットマーケティング「Web担当者Forum」インターネットメディアの総合研究所 調査報告書法人向けIT・クラウドソリューションの最新ニュース「クラウド Watch」日本のITを変える人たちへ!「IT Leaders」エネルギーと情報通信の融合時代を拓くスマートグリッド専門サイトECに携わる人のためのメディア「ネットショップ担当者フォーラム」製品 ⁄ サービスの資料を入手「Impress Business Library」デジタルが生みだす未来を考える「DIGITAL X」ドローンやロボティクス活用のためのメディア「ドローンジャーナル」最先端技術を理解し身につける「インプレス・アカデミー」

顧客が商品を購入する前に使用感を試すことができるよう、API連携を通じて、ARを活用した試着体験をショップ機能内で提供できるようにする予定だ。現在は他社と共同でビューティー業界のパートナー向けAPIを試験的に導入しており、商品をバーチャルで試すことができるよう、LancomeやLaura Mercier、Armaniなど330のビューティーブランドがInstagram上のショップでAR体験を提供している。今後はインテリアなど、ビューティー以外の業界にも提供を拡大していく。今後、既存の広告プロダクトにARを統合し、Facebook上で商品を販売する事業者向けに、オプションとして提供することを検討しているという。

また、InstagramにAIを活用した新たなビジュアル検索ツールを導入し、利用者がより簡単に新しい商品を発見できるようにするほか、AR体験を通じて購入前に商品を体験し、イメージしやすくなる機能を導入する。今年中に米国で、AIを活用した新たなビジュアル検索機能のテストする予定だ。例えば、花柄のワンピースを気に入って画像をタップすると、類似商品を見つけられるという。将来的には、利用者がカメラで撮影した画像からもビジュアル検索を利用できるようにする。

AR広告は提供を開始してから1年以上が経過し、興味深い事例が多く生まれています。現在、優れたパフォーマンスを誇る既存の広告プロダクトにARを統合し、Facebook上で商品を販売するビジネスにより充実したオプションを提供することを検討しています。また、近い将来、ビジネスや広告主がより簡単に、コスト効率良くカタログをARに取り込めるようにしたいと考えています。

InstagramにAIを活用した新たなビジュアル検索ツールを導入、利用者が簡単に新しい商品を発見できるようにするほか、AR体験を通じて購入前に商品を体験し、イメージしやすくなるようにする。

「Web担当者Forum ミーティング・ネットショップ担当者フォーラム 2021 秋」全63講演のなかからセッション満足度ランキングを15位まで発表します。

なお、2022年6月までの1年間、FacebookとInstagramのチェックアウト(決済)機能を利用している出品者への手数料を免除する。

全国ネットショップグランプリのグランプリはヤッホーブルーイングの「よなよなの里」

ビジネスには、顧客に対してシームレスで関連性の高いショッピング体験を提供したいというニーズがあり、当社もFacebookのニュースフィードやInstagramのフィードのように、利用者ごとにパーソナライズされたショッピング体験を提供したいと考えています。このような背景から、利用者のショッピングの好みに応じてパーソナライズされた広告体験を提供するショップ広告を導入します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました