ネーミングセンスがすごい!猫飼いさんがSNSでよく使っている『猫しぐさの呼び方』(ねこのきもち WEB MAGAZINE)

アフィリエイト
ネーミングセンスがすごい!猫飼いさんがSNSでよく使っている『猫しぐさの呼び方』(ねこのきもち WEB MAGAZINE)
「へそ天」、「ごめん寝」……猫のポーズって、誰が最初に名付けたのかはわからないけど広まっている、ユニークな呼び方をされがちですよね。
[紹介元] ねこのきもち WEB MAGAZINE – Yahoo!ニュース ネーミングセンスがすごい!猫飼いさんがSNSでよく使っている『猫しぐさの呼び方』(ねこのきもち WEB MAGAZINE)

ネーミングセンスがすごい猫飼いさんがSNSでよく使っている 猫しぐさの呼び方 ねこのきもち

愛護センターのネーミングセンスはいつもナイスです。

ブログやインスタで話題の人気猫のエッセイが読めるのはねこのきもちWEB MAGAZINEだけ!

子猫や高齢の猫にとっては、カリカリタイプのエサは食べづらいもの。そこで、水分量の多いウェットフードが役に立ちます。高齢の猫ちゃんと暮らすライターが見つけた、食べやすくおいしいフードが「Neco's Kitchen(ねこズキッチン)」。まぐろやかつおをスープ仕立てにしたもので、歯の弱い高齢猫ちゃんでも本当においしそうに完食してくれました。食欲が落ちているときにもよく食べてくれるので、若い猫ちゃんにもおすすめできますよ。

ホーム / ねこねこウー2016年男の子とある多頭飼い崩壊のお家から動物愛護センターに「オン」ちゃんと共に収容されました。

紙工作作家/アロマコーディネーター/キラキラネーム収集家柴山ロミオ柴山ロミオの記事一覧北海道在住。素敵な紙を収集して、紙工作をする日々。趣味は家庭菜園とドライフラワー作り。最近は松の木の剪定に凝っている。冷蔵庫の残り物でおかずを作るのが得意。三毛猫と暮らしている。

もう写真を見ればおわかりですね? これは猫ちゃんにお召しいただくかぶりモノです。奇譚クラブがガチャポンとして出している「かわいい かわいい ねこひつじちゃん」というアイテム。今回買った「親ひつじ(黒)」のほかに、同じ形の白、ピンク、ブルーのカラーバリエーションと、ツノがないバージョンの「子ひつじ」のしろ、ブルーがラインアップしています。ただでさえかわいい猫がこんなことになって…SNSに写真を投稿すれば「いいね!」の嵐になること請け合いです。

猫ってなぜか、キーボードが大好きですよね。何度どかしてもキーボードに寄ってきて作業を妨害してくる…キーボードを踏まれた結果、謎の文章をSNSに投稿してしまった経験のある人も多いのではないかと思います。そんな人間と猫のあくなき戦いに終止符を打つのがこの「ねこぽちキーボードカバー」です!(「ねこぽち」とは、猫がキーボードを踏んで勝手にポチポチ謎の文章を打ち込んでしまう現象のことだそう)。要はキーボードを覆えるカバーなのですが、これが効果てきめん! しかしショボンとしている猫ちゃんを見ると、なんだか罪悪感がわいてきたのでした…。

お次はカリカリと呼ばれるドライフードです。カリカリは総合栄養食でありながら歯こうを予防してくれる効果もあるため、猫ちゃんの健康のためにもできれば食べてほしいところ。そんなカリカリ嫌いの猫ちゃんと暮らすライターが、いろいろ試した中でついに出会ったのが「ねこ福」です。何を試してもだめだったのに、これには食いついて一気に完食してしまいました! 「ビーフ仕立て」「シーフード仕立て」「チーズ仕立て」など味がいろいろあるので、一度試してみる価値はありそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました